この星の格闘技を追いかける

【TPF05】アンダーカードにホーガン甥&五輪銀メダリスト

2010.07.08

Bollea9日(土・現地時間)に、リムーアのタチパレス・ホテル&カジノで開催されるTPF05「Stars &Strikers」。元ズッファ系ファイターが多数出場し、3つの選手権試合が行なわれるが、同時にアンダーカードにも注意をやる必要があるのも、TPFらしさといえるだろう。

【写真】MMAデビュー以来2連勝中のデイヴィッド・ボレア。グラプラータイプのファイターだ (C) MMAPLANET

第2試合に出場するデイヴィッド・ボレアは、今年の2月にTPFで一本勝ちを飾り、キャリア2勝目を挙げたコブラカイ所属のハルク・ホーガンの甥。勝者コールを受ける際に、叔父のホーガンがリングで見せる、耳に手を当てるポーズをチラリと見せる以外は、全くホーガンを連想させることはないグラップラータイプのファイターだ。

ボレアが血筋で注目を浴びる一方、そのバックボーンで大いに期待されるファイターが第3試合に出場する。それが2004年シドニー五輪フリースタイルレスリング55キロ級シルバーメダリストのステファン・アバスだ。


今回がMMA二戦目となるアバス、ベラトールFCシーズン2でフェザー級トーナメントを制したジョー・ウォーレンは06年レスリング世界選手権グレコ60kgで優勝、ウェルター級トーナメント優勝のベン・アスクレンは08年北京五輪フリースタイル74kg出場と、ピュア五輪レスリングで活躍したファイターの台頭が目立ってきたMMA界にあって、彼はこの両者以上の実績をレスリング時代に残している。

Abas【写真】今年の3月、阿部裕幸率いるAACCのキッズレスラーたちがジ・アリーナを訪れた際、当地のちびっこレスラーたちとコーチのステファン・アバスが写真に納まった (C) DAVID KRAMER

北京五輪はヒザの負傷で出場を逃し、レスリング界から身を引いたものの、NCAAディヴィジョン1を3度制したアバスは、NCAA創設75周年記念の際にカート・アングルやダン・ゲイブルらと並んで、NCAAレスリング15傑に選出されている歴史に残るレスラーである。

今年32歳のアバスは、MMAはサンディエゴのジ・アリーナで学んでいる。つまりあのサウロ・ヒベイロから柔術の指導を受け、シャンジ・ヒベイロやファブリシオ・モランゴ、ハニ・ヤヒーラ、KJ・ヌーンらとトレーニングを積んでいることになる。

歴史に名を残すレスラーであると同時に、MMAグリーンボーイとして、バーリトゥードを想定した柔術の基礎や、ムエタイやボクシングを学ぶアバス。そして、一流のプロファイターにレスリングを指導する立場にもある彼に注目せざるをえない。これ以上、気になるアンダーカード出場選手は、UFCやWEC、そしてストライクフォースにも存在しないだろう。

■TPF05「Stars&Strikes」対戦予定カード

<160ポンド契約/5分3R>
アイザッグ・デジーザス(米国)
ロブ・マックロー(米国)

<TPFウェルター級選手権シア/5分5R>
[王者]デイヴィッド・ミッチェル(米国)
[挑戦者]ポッピー・マルチネス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ウォー・マシーン(米国)
ジョン・アレッシオ(米国)

<TPFバンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]コール・エスコヴェド(米国)
[挑戦者]マイケル・マクドナルド(米国)

<TPFライト級王座決定戦/5分5R>
ゲイブ・ルーディガー(米国)
レニー・ロバト(米国)

<ライト級/5分3R>
デイヴィッド・カプラン(米国)
ドミニク・ロビンソン(米国)

<バンタム級/5分3R>
ステファン・エイバス(米国)
ジョーイ・デラクルス(米国)

<ライト級/5分3R>
デイヴィッド・ボレア(米国)
コディ・ギブソン(米国)

<バンタム級/5分3R>
フランシスコ・ロレド(米国)
ドリュー・ビットネー(米国)

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie