この星の格闘技を追いかける

【Eternal MMA73】UFC284の前夜。豪州MMA界の登竜門=Eternal MMAに平井総一朗が出場

【写真】このチャンスを将来に如何に生かせることができるか (C)MMAPLANET

2月11日(土・現地時間)、豪州は西オーストラリア州パースにあるHBFスタジアムで開催されるEternal MMA73に日本から平井総一朗が出場し、スティーブ・アーセグと対戦する。

Eternal MMAは2012年9月に旗揚げしゴールドコーストなど東海外のクイーンズランド州を中心に今大会の開催地西オーストラリア州、同国におけるスポーツのメッカ=ビクトリア州のメルボルン、南オーストラリア州のアデレードとシドニーのあるニューサウスウェールズを望む豪州全土でイベントを開催してきた。

さらに海を越えてニュージーランドのオークランド大会を開催実績があり、HEX FC、BRACEと並んでオーストララシアンを代表するフィーダーショーだ。


同大会の翌日=12日(日・同)には同地のRACアリーナでUFC284が開催されるが、同大会に出場するジャック・デラ・マダレナ、タイソン・ペドロ、ジャック・ジェンキンス、シャノン・ロスという4選手がエターナルMMA出身者で、この他ジェイコブ・マクルーン、ジェシカ・ローズクラースらもエターナルをステップとしUFCに辿り着いた豪州人ファイターだ。

マダレナは同団体のウェルター級王者、ジェンキンスはフェザー級チャンピオン、ロスはバンタム級タイトルコンテンダーだった。エターナルMMAはUFC Fight Passでストリーミングされており、上にあるようにUFC PPV大会の前日に7キロほどしか離れていない会場での開催はUFC関係者のルッキンフォー・ファイト的になることは間違いない。

その対象はメインのフェザー級選手権試合に出場する南アフリカ国籍の王者ジャスティン・ヴァン・ヘーデンと挑戦者ロッド・コスタの勝者(※王者ヴァン・ヘーデンが負傷欠場し、日本人選手にオファーがあったという話も……)であり、またキャリア8勝1敗という平井の対戦アーセグということになる。

一方、2021年11月にNEXUSでプロデビューし、4連勝後に昨年11月の10周年記念=後楽園ホール大会で浜本キャット雄大とのフライ級王座決定戦に敗れて以来の再起戦となる平井にとって、この一戦はキャリアップを図るには格好の舞台だ。

ネクサスとのタイトル戦は負傷をおしての出場で、師・所英夫もケージに足を踏み入れ戦いの場に立ったことで精神的な合格点を与えていた。そんな平井にとって、ここで番狂わせを起こせば即UFCはなくとも、コンテンダーシリーズやRoad to UFC出場ということもありえる。平井が豪州の地で、どのようなパフォーマンスを見せることができるのか──楽しみだ。

PR
PR

Movie