この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX11】ミーシャ、UFC初勝利もビミョ~な判定勝ち

<女子バンタム級/5分3R>
ミーシャ・テイト(米国/3位)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
リズ・カモーシェ(米国/7位)

開始直後にカモーシェが右ローを放つが、これは届かない。続くローをヒットさせたカモーシェ、ミーシャは慎重な立ち上がりのなか、右ストレートを伸ばす。左ボディフックから右を狙ったミーシャにカモーシェが組みつく。体を入れ替えてケージにカモーシェを押し込んだミーシャだったが、再び態勢を代えられダブルレッグで尻餅をつかされる。

両足を束ねて、挟みこんだカモーシェにケージに釘付けにされるミーシャ、背中を預けて立ち上がるも胸を合わせることができない。正面に回ったカモーシェが再びダブルブレッグでテイクダウンに成功する。キムラクラッチのミーシャだが、これは取り切れずバックコントロールを許した状態が続く。アームロックを再度狙ったミーシャは、後に倒す動きにテイクダウンを合わされ、初回を落した。

2R、左フックを打たれたカモーシェが組みついて、ミーシャをケージに押し込む。体を入れ替えたミーシャは小外掛けには失敗したが、そのまま押し込み反対側に崩す。ここもバランスをキープしたカモーシェは、続く打撃戦を避けるように組みついていく。カモーシェのハイクロッチでミーシャはまたも尻餅をつき、立ち上がり際にバックを許す。胸を合わせると、ミーシャはまたもダブルで尻餅をつかされるなど初回と同じパターンで攻められる。

首を抱えてギロチンからリバーサル狙い、スペースを作り立ち上がる。そのままギロチンを続けたミーシャが引き込みから、ギロチンスイープでトップを取る。パウンドを落したミーシャだったが、残り15秒、カモーシェは立ち上がりバックへ。ミーシャが前方回転を狙ったところで2Rが終了した。

最終回、右ストレートを打ち込んだミーシャがダブルレッグでケージに押し込みテイクダウンに成功、カモーシェの背中をマットにつかせる。サイドからエルボーを落とすミーシャ、カモーシェはハーフに戻し、背中をケージにつける。カモーシェの起き上がり際にバックに回り、シングルバックからRNC、パンチを入れるミーシャ。フェイスロック気味に腕を回し、パンチ&エルボーに切り替えると、ミーシャは両足をフックする。起き上がり切れなかったカモーシェの背中が伸び、ミーシャの左腕が喉下に入り込む。

残り40秒、手首を掴んで防いだカモーシェが、ハーフから足を戻す。ミーシャは立ち上がってパウンドからローへ。ここでタイムアップ。1Rはカモーシェ、3Rはミーシャ。2Rのカモーシェのテイクダウン2つと、ミーシャのギロチンからのスイープ&トップコントロール、そして打撃戦の優勢をジャッジが如何に判断するか。結果、ジャッジ3者とも29-28でミーシャを支持、当然カモーシェ的には不満が残る裁定となっただろう。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie