この星の格闘技を追いかける

【DWCS2022#09】95秒勝利のフェヘイラ、フィリョ、アリエフ&レーンと共にロサスJrが最年少UFC戦士に

<ミドル級/5分3R>
ブルーノ・フェヘイラ(ブラジル)
Def.1R1分35秒by TKO
レオン・アリウ(イタリア)

スイッチしたフェヘイラがサイドキックを見せる。そのフェヘイラのステップインに、アリウがワンツーを合わせようとする。勢いのある前蹴り、ローを蹴ったアリウに組んだフェヘイラは一旦離れると打撃の間合いを嫌がるように近づいて首相撲へ。構わずアリウはボディや顔面を殴る。左ストレートで突っ込んだフェヘイラは、アリウの左ローから右に右フックを合わせる。

この一発で体がよろめいたアリウに対し、フェヘイラはパンチのラッシュを掛ける。ケージ際で腰砕けとなったアリウのシングルに、フェヘイラは頭を押して殴り続ける。アリウは何とか立ち上がったが、足を抜かれた直後に後方に崩れ──その刹那、右のパウンドをモロに受けて勝敗が決した。

ダナ・ホワイトは第1試合で勝利したもののカットで病院にいるジャフェフ・フィリョとの契約をまず伝える。そしてニュルロ・アリエフ、オーステン・レーンにサインアップを伝える。

そして「このキッドは本当にレベルの高い17歳だ。気に入っている点も多い。つねに動き続け、フィニッシュを狙っていた。これだけ若くて、このような舞台の経験もなかった。25歳と17歳で体力の違いも見られなかった。彼が22歳になる日が待てない。こっちに来い」とロサスJrのステップアップを発表し、ここに17歳11カ月347日のUFCファイターが誕生した。

さらにフェヘイラの合格も明らかになると、改めてロサスJrに関して「試合後でなく、試合中から話し合っていた。こんな選手見たことない。見ている人も大興奮だったしね。明白にポジティブな才能がある。17歳の子供が、あんな風に自分のやりたいことを行動に写せない。22歳や23歳の若いファイターのことだって案じている。だいたい25歳、26歳、27歳になってそういうことができるようになる。この若者は特別だ。どうなるか、見てみよう」と言及した。


PR
PR

関連記事

Movie