この星の格闘技を追いかける

【Bellator241】体格差を理解したファイトで、ヴェラスケスがキルホンツを相手にスプリット防衛

<Bellator世界女子フライ級選手権試合/5分5R>
ジュリアナ・ヴェラスケス(ブラジル)
Def.2-1:48-47.48-47.47-48
デニス・キルホンツ(オランダ)

同じ階級とは思えないほど大きなヴェラスケスに対し、キルホンツが右ローを蹴る。サウスポーのヴェラスケスはワイドスタンス、右足を大きく前に出している。ロングフックで前に出てきたキルホンツから距離を取ったヴェラスケスが右ジャブを伸ばす。ボディ、続いて左を伸ばすキルホンツが右ローを入れる。

ローをチェックしたヴェラスケス、キルホンツの狙いは刷り込み済みか。キルホンツは大きな振りを見せて、前に出ると素早いコンビネーションを繰り出すも距離が合っていない。組まれても不利な状況が、キルホンツの踏み込みを一歩後ろに踏みとどまらせているようだ。ジャブと関節蹴りをヴェラスケスが見せ、キルホンツは右ハイを蹴る。チャンピオンは左のパンチを顔に届かせ、ワンツーにはバックステップで間合いを取り直す。それでも右を見せて前に出てワンツーフックを入れた挑戦者が、さらに右フックを打ち込み初回をリードした。

2R、ジャブを当てて回るヴェラスケスに対し、キルホンツが追いかけてパンチを振るう。大振り気味のパンチが続くキルホンツの左ハイをブロックしたヴェラスケスがワンツー。そこにワンツーを狙うキルホンツは、左を2発ヒットさせる。ヴェラスケスも右ジャブを返すが、キルホンツはリーチを厭わずローを蹴る。カットしたチャンピオンが、初めてダブルレッグを見せ、すぐに離れた。

組みを見せたことが、どう影響するか。キルホンツは変わらずロングのオーバーハンドやフックを繰り出し、ローをチェックしてボディを伸ばす。ジャブに右フックを当てたキルホンツは、まずは当たる場所はどこでも構わないようなパンチでヴェラスケスに反応させて距離をつめ、追撃で顔面を当てたラウンドとなった。

3R、組みを有効に使った方が良いように感じるチャンピオンだが、左オーバーハンドにワンツー、直後にボディストレートを打たれる。ローを蹴り合い、ヴェラスケスが左を入れる。それでも前に出るのはチャレンジャーで、ヴェラスケスが近距離で左フックを被弾。近い距離で戦いたくないチャンピオン、これでは組みは使えない。

キルホンツは右を伸ばし、ジャブや左を被弾してもステップインから粗いフックを振るう。間合いを外すヴェラスケスは、ジャブを打って左ロー、スピニングバックフィストをかわす。ジャブで左目の下が腫れてきたキルホンツに対し、ヴェラスケスは近い距離でパンチを受けると組むことなく離れる。右ボディフックにヒザを狙ったヴェラスケスが、続く前進にも首相撲がヒザを突き上げると、直後にダブルレッグでテイクダウンを決める。残り10秒でテイクダウン、そのままクローズドに収まったヴェラスケスはポイントアウトできたか。

4R、ワンツーから左ローを蹴ったキルホンツ、ボディは届くが顔面へのヒットは少なくなっている。それでも右を当てたチャレンジャーに対し、ヴェラスケスはロングのコンビをサークリングでかわす。ヴェラスケは右ジャブだけでなく、左ストレートが当たるようになってくる。さらに前進に左ローを合わせるなど、見えているチャンピオンはジャブを引き続き伸ばす。

思うように攻めることができなくなったキルホンツは、ジャブを被弾しワンツーは届かない。それでも思い切ってフックから前に出るが、空振りも多く削られてきたか。逆に近い距離でワンツーフックを当てたヴェラスケスは、距離のマネージメントができている。それでもキルホンツもワキを差されてからのテイクダウン狙いを切り、相打ちで右フックを入れた。

最終回、ローの蹴り終わりに右をヒットさせたキルホンツ。ヴェラスケスの動きが一瞬止まり、勢いをつけてコンビネーションを振るう。すぐに回復し、足を使うチャンピオンも距離がややズレてきたか。ジャブをかわしたキルホンツがワンツーを入れ、ジャブを被弾しても前に出る。

自らローでスリップしたキルホンツは、直後に右を当てるもヴェラスケスがワンツーで反撃。パンチの打ち合いで距離が詰まり、王者がクリンチでヒザを狙う。クリーンヒットはせず、距離を取り直した両者──ヴェラスケスの左ロングリードが届く。ヴェラスケスは左を当てるが、その左をかわしたキルホンツも左フックを打ち込む。

残り40秒でテイクダウンを切ったキルホンツは、勢いをつけたいところで右ジャブを打立てる。構わず前に出てパンチを続けたキルホンツだったが、クリーンヒットはなく逆にヴェラスケスが飛びヒザを狙いタイムアップに。リスクコントロールし、体格差をいかしたジャブのヒット数を上回ったチャンピオンだが、パンチで動きが止まるシーンがも見られた。

結果、ジャッジは48-47で互いが取り合い、最後のコールは48-47でヴェラスケスが王座防衛に成功した。自身のサイズをしっかりと理解したファイトを見せたチャンピオンは「ジャブがたくさん当たり、右ストレートが有効だったと思う。外を取れて戦うことができた。まずイルマレイ、そしてリズ・カモーシェと挑戦者は2人いる」と話した。


PR
PR

関連記事

Movie