この星の格闘技を追いかける

【UFN183】左ハイをキャッチされ、飛びつき三角へ。ジミー・フリック、5万ドル確実のデビューWin

<フライ級/5分3R>
ジミー・フリック(米国)
Def.1R3分18秒by三角絞め
コディー・ダーデン(米国)

フリックの右ローをかわしたダーデンが、右リードアッパーからフックを打っていく。ローをキャッチしてテイクダウンを奪ったダーデンがそのままバックマウントへ。背中が伸びたフリックは上を向きつつスクランブルに持ちこみ、最悪の状態から逃れる。それでもスタンドでバックを許した状態のフリックに対し、ダーデンが自ら離れジャブを入れる。さらに右フックを打ちこんだダーデンが、右ローを当てる。

フリックは右ハイからダブルレッグを仕掛けるも、切ったダーデンがパンチを当てる。厳しい時間が続くフリックが左ハイを蹴る。これをダーデンがキャッチすると、フリックは飛びつき三角へ。背中をマットにつけて、左足を引き寄せてセットアップ。頭を抑えられたダーデンがタップし、フリックが劣勢のなかでスーパーフィニッシュを見せた。

「フィニッシュがしたいんだ。フィニッシュしたくて戦っている。ハイキックを掴まれた時に、三角だって思ったんだ。次、今は少しケガをしているから……今年、4試合を戦い、5度の計量を行った。フライ級チャンピオンシップは3週間空いたけど、僕とコディーは2週連続だった。次? 今はケガを治して、家族と過ごし──トップ15と戦いたい。できれば数週間のフルキャンプをして」とフリックは話した。


PR
PR

関連記事

Movie