この星の格闘技を追いかける

【ONE112 II】2R以降は一方的、拳でケアヌ・スッパを圧倒したタン・カイが文句なしの3-0勝利

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
ケアヌ・スッバ(マレーシア)
Def.3-0
タン・カイ(中国)

右ローを蹴ったスッバが、スイッチを織り交ぜて左ローも蹴る。タン・カイは右を伸ばすが、やや距離が遠いか。スッバが左ミドルを2発、タン・カイも左ミドルを蹴る。ジャブにワンツーを合わせていったタン・カイも構えを変えて打撃戦に臨んでいる。スッバの左ミドルに左フックをタン・カイが合わせようとする。ミドルを蹴り、蹴り足を前に置いて構えを変えることもあったスッバが、テイクダウンへ。尻もちをつきながらタン・カイはすぐに立ち上がって、ヒザで顔面に狙う。タン・カイは右を当て、スッバは右ローを蹴り、接触が決して多くない初回が終わった。

2R、オーソでスタートしたスッバはスイッチして左ミドル、続くテイクダウン狙いはタン・カイが切る。蹴りにワンツーを合わせ、ボディフックを繰り出すタン・カイは右ローを蹴られた直後に距離を詰めて右を打つ。さらに右オーバーハンドを見せ、真っすぐを当てたタン・カイの勢いが増していく。左フックをかわそうとしてバランスを崩したスッバは右を被弾し、動きが落ちケージを背負うようになる。タン・カイは誘ってワンツー、下がったところで左フック、アッパーから跳びヒザと攻め込む。右を受け、怯んだスッバはダブルレッグでテイクダウンへ。

スイッチからバックに回ることはできなかったが、足を取ってリバーサルを決めたタン・カイがサイドで抑える。スッバが足をきかせるとタン・カイはスタンドに戻り、ここも右ストレートを打ち込む。右ボディ、左フック、左ハイから右ストレートを打ったタン・カイは、終了間際にも右ストレートを打ち込み、サイドキックも顔面へ。スッバは完全に動きが止まった。

3R、右ハイを蹴ったタン・カイが、ワンツーから左ロー。さらに右フック、ジャブからワンツーを入れ、スッバは手が出ず追い込まれる。スッバがサウスポーに構えても、オーソに構えても右の拳が中心線にあるタン・カイが、ジャブからワンツーフック。左リードフックも当たり、ジャンピングニーから右ストレート、左を当てると、さらに左フックをテンプルに入れる。頭が下がったスッバのボディを打ち抜き、左右の拳で腹を抉るタン・カイ。全く勢いに差が出た両者、スッバは右を被弾しケージの前から動けない。

サウスポーから左ミドル、右ストレートを入れ、スッバのミドルを受けても構わず前に出てダブルのジャブ、右を見せたタン・カイが2Rからは一方的にスッバを攻め続け、判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Movie