この星の格闘技を追いかける

【ONE】ONEチャンピオンシップ、活動再開に際し──青木真也、秋山成勲、平田樹の声

【写真】青木、秋山、平田はONEの活動再開に何を想う (C)MMAPLANET

26 日(金・現地時間)にONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEO兼会長が、7月31日にタイのバンコクでONE「No surrender」を開催することを発表した。

元々ONEでは7月中にタイでのイベント再開を視野に入れており、その状況は関係各所には伝わって来ていた。当然、ONEとパートナーシップを結ぶABEMAにもその報を届いており、ABEMAではあらかじめONE出場日本人選手から活動再開に関してのコメントを集めていた。ONEチャンピオンシップ、リスタートが正式発表のタイミングで、それら日本人MMA選手の声をお届けしたい。まずは第一弾として青木真也、秋山成勲、平田樹の想いだ。


青木真也
「ジャパニーズMMAがやりたい。ジャパニーズMMAとは何か。時代を引き戻してやろう。危機ではなく変化だ。強い奴が勝つんじゃない。勝った奴が強いんだ。オレが憧れたレスラーは悲観するのではなく、どう生きるかを教えてくれた。嘆いていてもはじまらないんだ。変わらないものは変わらない。行こうその先へ!」

秋山成勲
「ついにONEのアスリートや世界中の格闘技ファンが待っていた日がやってきます! 先日5月末の修斗で放送されたインタビューでは、チャトリCEOが『秋山選手は僕のお気に入りだ』と 言ってくれたと聞きましたが、ますます早く試合をしたいですね!」

平田樹
「ONE再開! 自分も『バチッ』てスイッチが入りました。 自粛期間はジムが閉まっていていたし、再開後すぐに怪我もしたりして……今はまだ、良いコンディションとは言えないですけど 『再開が決まった』と聞くとアガってきますね!  この間『スタンプ・フェアテックスが”イツキと試合しても良い” と言ってい』って話を聞きましたけど、私も誰とでもやっちゃうよ?って思っています。最近、密かにトレーニングを重ねているテクニックがあるんです。次の試合でお披露目して、私が主役になります」

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie