この星の格闘技を追いかける

【UFC250】デビン・クラークが組み&打撃でリードし、メニフィールドが10戦目の初黒星

<ライトヘビー級/5分3R>
デビン・クラーク(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
アロンゾ・メニフィールド(米国)

試合開始直後にダブルレッグで組みついたクラークが、ケージにメニフィールドを押し込む。体を入れ替えたメニフィールドは縦ヒジからアッパーを打って離れる。両手で顔を覆い下を向いた状態でクラークが組んでハイクラッチへ。ここも体を入れ替えて離れたメニフィールドに対し、クラークがパンチを2発当てるがすぐにヒザを被弾し頭を下げてしまう。

メニフィールドはここでクリンチを選択すると、ヒザをボディに2発突き上げてエルボーへ。距離ができるとガードの上からハイを蹴ったメニフィールドがアッパーを放ってクリンチから左フック、右ミドル、右の縦ヒジを見せる。クラークはケージを背負ってヒザ蹴り、離れて左ジャブを当てる。ローに右を合わされたメニフィールドはワンツーの左を被弾し逆に組んでいく。メニフィールドがケージにクラークを押し込んだ状態で初回は終わった。

2R、左を伸ばしたメニフィールドに組みついたクラーク。ケージに詰められても、すぐに離れたメニフィールドがパンチで圧力をかけてダブルレッグへ。ケージを背にして耐えたクラークがギロチンを見せ、離れて左ハイキックを蹴っていく。打撃の精度が上と思われたメニフィールドだが、組みを選択する場面が増える。首相撲&ヒザを突き上げるメニフィールドは左フックから右フックを受けるが、右アッパーを打ち返す。口の中から流血が見られるクラークが組んでヒザ蹴りへ。メニフィールドはケージに押し込む。押し返してヒザを入れるクラークが、再度態勢を変えられてもタイクリンチ&ヒザを続ける。クリンチの攻防でヒザをボディに続けたクラークが、最後にパンチをまとめた。

最終回、キャリア9連勝中で初めての3Rに挑むメニフィールドに対し、クラークが右を振るって組みつく。右を当てたメニフィールドはクラークの組みにヒザで応える。シングルを切ったメニフィールドは、首相撲からヒザを受けながらケージにクラークを押し込む。押し返してヒザ、右をボディに入れるクラーク。ねちっこい展開が続くなかで、クラークがテイクダウンに成功する。

背中を向けつつ、半身で耐えるメニフィールドはケージにもたれ背中は譲らない。クレイドルでコントロールしようとしたクラークだが、立ち上がったメニフィールドにケージに押し込まれる。ここも低い態勢から組み、ボディロックに取ったクラークだがケージに押し込まれてしまう。残り1分を切り、離れた両者。直後にクラークが組みつき、クリンチ合戦に。メニフィールドがケージに押し込み左のボディに入れ、離れ際に右フックを放つ。最後の10秒で足を止めての打ち合いとなり、タイムアップに。

結果、クラークがメニフィールドにキャリア初黒星を与えた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie