この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC PS03】インヴィクタ初のオープンスコア・ファイトは、ハンセンがピロシンに判定勝ち

<ストロー級/5分3R>
ケイ・ハンセン(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
リアナ・ピロシン(ブラジル)

インヴィクタ史上初めて、オープンスコアリングが取り入れられた試合は、ピロシンの左ローでスタートを切った。左ミドルを返したハンセンが組みつくと、ピロシンが払い腰を決める。直後にバックに回ったハンセンはワンフックで背中に乗り、両足をフッフする。手首を取って手繰り、頭の上を越させたピロシンが上を取る。

スタンドに戻ったハンセンが直後にダブルレッグを決めてハーフへ。ピロシンのブリッジにマウントを取ったハンセンは、ハーフに戻され潜られても上半身を潰して勢いのある右のパンチを打っていく。クローズドを取ったピロシンをスラムしたハンセンは、もう一度持ち上げて今度はケージにぶつけていく。スクランブルから離れたピロシンに再びダブルレッグを決めたハンセンが、ジャッジ3者の10-9の支持を得た。

2R、ピロシンが左フックを当てダブルレッグを切る。それでもケージに押し込み、シングルから再びダブルに取ったハンセンがテイクダウン。スクランブルでギロチンを狙うがピロシンは許さずボディロックで逆に押し込んでいく。押し込み返したハンセンがシングルレッグでテイクダウンを奪うと同時に、マウントを取る。

ピロシンはハーフに戻すが、エルボーを連続で打ちこまれクローズドへ。ハンセンはガードを割り、ハーフから鋭いパンチを落としていく。潜らせず右のパンチ&エルボーを連打するハンセンは、ボディロックを取り立ち上がろうとするピロシンを潰していく。と、ハンセンはラウンド終盤にヒールを狙う。すかさず上を取り返したピロシンがパウンドを落とすがすぐにタイムアップに。この回はジャッジ1人が10-8とし、ハンセンが圧倒的に有利な状況で最終回を迎えることとなった。

3R、すぐにボディロック&小外掛けでテイクダウンを決めたハンセンに対し、ピロシンはディープハーフからシングルを狙う。頭を抱え、後方回転からトップを取ったハンセンがしっかりとハーフで抑える。スイープ狙いからスクランブルに持ち込んだピロシンだったが、ケージに押し込んだハンセンがシングルレッグ、ダブルレッグと攻め込む。耐えたピロシンは体を入れ替え、ダブルレッグ狙いをスプロールしてバックを伺う。

ロールし、胸を合わせに来たピロシンのバックを取りに行くハンセン。ここはピロシンが前方に落とし、スタンドに戻る。残り2分、跳びヒザから左ミドルを蹴ったピロシンは、ボディロックテイクダウンを合わされる。腕十字は即座にヒジを抜き、ヒールもヒザを抜いて防御したハンセンがハーフでトップを取り切る。危なげないコントロールを見せていたハンセンは、最後に腕十字で左腕が伸び掛ったがタイムアップまで耐えきり、判定勝ちを収めた。

「ファイターとして実情を知って戦いたい。どうやって戦えば良いのか、現状を知ることで戦いやすかった」と話した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie