この星の格闘技を追いかける

【ONE WS】ANIMAL☆KOJI、足を負傷しマウンドで殴られ続け──2R終了時バゲリにTKO負け

<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
メディ・バゲリ(イラン)
Def.2R5分00秒 by TKO
ANIMAL☆KOJI(日本)

ローを2発入れたANIMAL☆KOJIだが、パンチの交換からダブルレッグでテイクダウンを奪われる。アギラン・タニのチームメイトであるグレコローマン・レスラーは左のパウンドを入れスクランブルでバックを取る。リフトから前方にANIMAL☆KOJIを崩したバゲリ。ANIMAL☆KOJIは立ち上がって胸を合わせると、逆にバゲリをロープに押し込む。バゲリのワンツーで両者は距離を取り直すと。ANIMAL☆KOJIは右ローを蹴り、左を振るって前へ。バゲリが左ジャブを当てると、シングルをスプロールしたANIMAL☆KOJIをボディロックに捕え、後方に回りつつ前方に崩す。バックを取ったバゲリはそのままスロエフストレッチへ。必死に耐えたANIMAL☆KOJIは、立ち上がってコーナーにバゲリを押し込む。距離を取り直したANIMAL☆KOJIだがローでバランスを崩すシーンが見られた。

2R、バゲリは右ローからダブルレッグを決めてパス。ANIMAL☆KOJIは立ち上がろうとしたが、潰されてマウントを取られる。バゲリは勢いのある鉄槌、パンチを連打する。背中を向けそうにになったANIMAL☆KOJIは、上を向きなおすが右エルボーを落とされる。

ブリッジを股の下ですかしたバゲリはバックグラブに移行する。再びマウントに戻ったバゲリはエルボーからパンチを連打にも、ANIMAL☆KOJI必死に上半身にしがみついて耐え忍ぶ。スペースができるとハイマウントからパンチを再びマウントを取ったバゲリはパンチを落としながら、審判にストップを促す。バゲリのアピールを2度ほど流したレフェリーは、ラウンド終了まで試合をストップすることはなかった。

足をひきずってコーナーに戻るANIMAL☆KOJI、ここで試合続行不可能と判断され試合は決した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie