この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC Phoenix Rising01】テイクダウンを許しながらも、打撃で上回ったカーランがファイナルへ

<ストロー級T準決勝/5分1R>
ケイリン・カーラン(米国)
Def.3-0:10-9.10-9.10-9
シャロン・ジェイコブセン(米国)

左ジャブを伸ばすカーランはジェイコブセンのテイクダウン狙いをスプロールし、逆にケージに押し込む。左のパンチを入れるカーランは、テイクダウン狙いを再び切って離れる。ジェイコブセンの前蹴りに対し、ミドルを入れたカーランはダブルレッグを内股で投げ捨てる。

下になったジェイコブセンにエルボー、パンチを入れるカーラン。ジェイコブセンがシングルから起き上ってケージにカーランを詰めてヒザを突き上げる。右腕を差し上げるジェイコブセンから離れたカーランは右を当て、テイクダウンを切るが差し上げてテイクダウンを許し、そのまま左の勢いのあるパンチを連打される。背中を預けて立ち上がったカーランは胸を合わせることに成功するが、そのままケージに押し込まれてダブルレッグを狙われる。

ケージを背にして何とかテイクダウンを防ぐカーランは、離れてパンチを2つ当てヒザ蹴りをボディに突き刺す。さらに右フックを当てたカーランをシングルレッグで倒したジェイコブセンは、スクランブルを許さずトップを取り切る。このまま上を守ったジェイコブセンだが、ジャッジは3者ともカーランを支持した。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie