この星の格闘技を追いかける

【Pancrase303】田中路教がレオンティブにフルマークの判定勝利、UFC再挑戦へ向けてリスタートを切る

<バンタム級/5分3R>
田中路教(日本)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
ウラジミール・レオンティブ(ロシア)

田中が足を使いながら、左ジャブ。距離をつめて右フックを振るう。田中が指を前に出しているとレフェリーから注意が入り、試合再開直後、田中は飛び込んでテイクダウンに成功。すぐさまパスからサイドに回る。下から田中の首を抱えるレオンティブが、ギロチンを狙うも田中は腰を上げてディフェンスする。

首を抜いた田中は再びパス、サイドポジションで抑え込み、マウントを狙う。ここでレオンティブは足を利かせるが、田中はレオンティブの右腕を両足で抑えながらバックに回りカドワキチョークへ。これを凌いだレオンティブは立ち上がるも、田中がダブルレッグでまたも倒し、トップを維持して1ラウンドを終えた。

スコアはジャッジ3者とも田中に10-9をつけている。

2R、田中はコツコツと左ジャブを突く。レオンティブは足を使いながらローを繰り出すが、田中は相手にケージを背負わせてからテイクダウンに成功する。ケージ際でハーフガードのレオンティブにパンチを落としながらパス→マウントへ移行した田中。右腕でレオンティブの首を固めている。

上半身を起こしたレオンティブに対し、右腕のロックを解いた田中は、体勢を切り返そうとするレオンティブをコントロールしながら、1Rと同じくカドワキチョークを仕掛ける。これは極めきれなかったがマウント、バックマウントをキープするする田中。バックマウントからエルボーとパンチを落としつつ、ラウンド残り30秒になったところでRNCを狙う体勢に移った。

2Rのスコアはジャッジ2名が10-9で田中、もう1人のジャッジは田中に10-8をつけた。

最終R、レオンティブの右ローに対し、右ストレートを打ち返す田中。レオンティブは右バックスピンキックを繰り出すが当たらず。田中はレオンティブの右ローに右フックを合わせる。レオンティブのシングルを切り返した田中は、三度カドワキの体勢へ。ところが体を反転させたレオンティブがサイドを奪い、田中の顔面に右ヒジを落とす。

ここで田中は立ち上がり、試合はスタンドへ。レオンティブの右ストレートをヘッドスリップでかわした田中が、ダブルで倒してサイドに移行。さらにマウント、バックマウントを奪い、パンチとRNCを狙う田中。ラウンド終了まで残り1分、田中は相手の首に腕を回すが、極めることはできず。残り20秒で腕十字、さらに三角を狙ったが、レオンティブもパンチを落としながら、これを凌いだ。

判定は1人のジャッジが4ポイント差をつけるフルマークで、田中の勝利。田中にとっては、これが1年半ぶりの試合。そのため、試合勘が鈍っているようにも感じられた。それでもしっかり勝ちを収めた田中、UFC再挑戦を目指し、ここからだ。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie