この星の格闘技を追いかける

【Pancrase301】堀江圭功がバックコントロールからの右フックでJ太郎をKOし、再起の勝利

<フェザー級/5分3R>
堀江圭功(日本)
Def.1R3分58秒by TKO
滝田J太郎(日本)

J太郎、45歳。堀江は23歳、年の差23年対決は、J太郎のテイクダウンフェイントで始まった。間合いを測る両者、堀江は右ストレートから右三日月を入れる。J太郎のシングルを切り、右を伸ばす堀江が再び右を顔面に入れる。右ストレートでケージに下がったJ太郎が右に回ると、堀江は右ミドル。ここでJ太郎がシングルレッグからバックに回る。後方に倒れながら、上を取りにいったJ太郎は足を一本挟んだ状態でバックコントロールを続けテイクダウンの機会を伺う。

堀江はボディロックをはがし、胸を合わせつつ逆にバックへ。バックエルボーを狙ったJ太郎だが、逆に堀江が後方から右フックを打ち込む。この一発で倒れたJ太郎にパウンドの追撃を入れた堀江が、田村一聖戦の敗北から再起の白星を挙げた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday