この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#10】アンデソンもパウンド連射で沈め連続初回TKO勝ち、ブラダ・ボーイが大晦日のNYへ

<ウェルター級準決勝/5分3R>
レイ・クーパー3世(米国)
Def.1R2分28秒by TKO
アンデソン・フェレイラ(ブラジル)

パンチを振るって前に出るクーパーが、テイクダウンも仕掛ける。勢い良く右を当てて左につなげるクーパーは、アンデソンのヒザ蹴りをキャッチしてテイクダウンを決める。ハーフから左のパンチを落とすクーパーはスクランブルになると、後方から力強い左を打ち込む。頭を連打に頭を抱え動きが止まったアンデソンにパンチを続けたブラダ・ボーイが、圧倒的な強さを見せて大晦日にMSG内huluシアターで行われるファイナル進出を決めた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY