この星の格闘技を追いかける

【ONE80】試合結果 WBC世界戦がメインの大会で青木真也が肩固めで一本勝ち!! 鈴木隼人もRNC極める

Aoki【写真】WBC世界ボクシング、ONE SS女子キックが上位に並んだタイ大会で青木はしっかりとエブ・ティンを肩固めで切って落とした(C)MMAPLANET

6日(土・現地時間)、タイはバンコクのインパクト・アリーナでONE80「Kingdom of Heroes」が開催された。

Srisaket Sor RungvisaiメインがWBC世界スーパーフライ級選手権試合という初の試みが見られた今大会、過去のONEバンコク大会の何れも上回る観客が訪れ、タイが誇る王者シーサケット・ソー・ルンヴィサイが、イラン・ディアスに圧勝し3度目の王座防衛戦に成功した。

メイン同様に沸いたがセミのスーパーシリーズ・キックボクシング世界女子アトム級選手権 で、ここでは挑戦者のスタンプ・フェアテックスが王者カイティン・チュアンに判定勝ちし、新チャンピオンに。

打撃色の強い今大会、青木真也はエブ・ティンをヴァンフルー・チョークからの肩固めで破り、11月のマニラ大会におけるライト級王座決定戦=エドゥアルド・フォラヤン×アミール・カーン戦の勝者と戦うことが決まった。

Suzukiまた鈴木隼人もロビン・カタランにRNCを極めて2連勝を達成、ストロー級王座挑戦に一歩進んだ。

またキックのフライ級に出場した工藤政英は、ボディヤローを効かせたもののシントンノーイ・ポー・テラクンに判定負けとなった。


ONE80「Kingdom of Heroes」
<WBC世界スーパーフライ級選手権試合/3分12R>
○シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(タイ)12R
判定
詳細はコチラ
×イラン・ディアス(メキシコ)
<キックボクシング世界女子アトム級選手権 )/5分3R>
○スタンプ・フェアテックス(タイ)5R
判定
×カイティン・チュアン(台湾)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○青木真也(日本)1R0分57秒
肩固め
詳細はコチラ
×エブ・ティン(ニュージーランド)
<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
○ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)3R
判定
×メディー・ザトゥー(フランス)
<キックボクシング・ライト級/3分3R>
○アンソニー・ンジョクアニ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×アンディ・サワー(オランダ)
<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
○ムイン・ガフロフ(タジキスタン)1R2分24秒
KO
詳細はコチラ
×レアンドロ・イッサ(ブラジル)
<キックボクシング・ヘビー級/3分3R>
○アラン・ンガラニ(香港)NC
×アンソレー・ムニエ(豪州)
<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
○アラヴェルディ・ラマザノフ(ロシア)3R
判定
×ペットモラコット・ウォー・サンプラバイ(タイ)
<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
○鈴木隼人(日本)2R3分42秒
RNC
詳細はコチラ
×ロビン・カタラン(フィリピン)
<キックボクシング・フライ級/3分3>
○シントンノーイ・ポー・テラクン(タイ)3R
判定
×工藤政英(日本)
<女子ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
○リカ・イシゲ(タイ)1R2分48秒
TKO
詳細はコチラ
×ボズヒーナ・アントニヤ(ミャンマー)
<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
○ペットダム・カイヤンハダオ(タイ)1R1分26秒
KO
×ケニー・ズィー(豪州)
<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
○フー・チャンシン(中国)2R3分04秒
RNC
×リン・サロス(カンボジア)
<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
○ラモン・ゴンザレス(フィリピン)1R3分33秒
RNC
×ドディ・マルディアン(インドネシア)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

大会予定(現地時間)

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday