この星の格闘技を追いかける

【ALL JAPAN JJC2018】ライト級は細川&アサダを倒した、ホブソン・タンノが優勝

Robson Tanno【写真】2018年度、国内ライト級の頂点はホブソン・タンノに (C)JBJJF & TSUBASA ITO

5日(日)、東京都大田区の大田区総合体育館で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の第19回全日本ブラジリアン柔術選手権が開催された。文字通り、ブラジリアン柔術の日本一を決するべく熱戦が繰り広げられたアダルト黒帯各階級の模様をリポート──第4弾はライト級の戦いをお伝えしたい。
Text by Lighthouse


Robson vs Hosokawaアダルト黒帯ライト級は細川顕が自らの道場=ALMA FIGHT GYM HOMIES所属として出場。2年連続で優勝を分け合ってきた岩崎正寛との対戦が期待されたが、ムンジアル、クィンテッド、スパイダー柔術出場と連戦が続いた岩崎が今年は出場せず。全日本王者が不在のなか、その細川は高本裕和との初戦をポイント10-0で快勝し幸先のいいスタートを切る。

ホブソン・タンノとの準決勝は、ガードポジションを選択したタンノが体を起こしてスイープの2点を先制すると、すぐさま細川が体を起こし、ポイント2-2の同点に持ち込む。中盤までにアドバンテージ1-4とタンノにリードを許していた細川は、果敢にパスガードで逆転を狙う。

Podiumアドバン1は返した細川だったが、タンノのガードを破ることはできずポイント2-2、アドバンテージ4-2でタンノが決勝へ駒を進めた。

もう一方のブロックから勝ち上がったミケヤス・トシオ・アサダとタンノの決勝戦は、タンノにバックコントロールの4点が入ると、続けざまに2点を追加。そのままボー&アローチョークで一本勝ち、国内ライト級の頂点に立った。

■ライト級リザルト
優勝 ホブソン・タンノ (インファイトジャパン)
準優勝 ミケヤス・トシオ・アサダ (IMPACTO JAPAN B.J.J)
3位 細川顕 (ALMA FIGHT GYM HOMIES)
3位 柿澤剛之 (リバーサルジム川口リディプス)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY