この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#2】最終回、逆転を掛けた勝負もマメドフに封じこまれた川名──PFL初戦は判定負けに

<ライト級/5分3R>
イスラム・マメドフ(ロシア)
Def.3-0.30-27.30-27.29-28
川名雄生(日本)

右を振るって前に出た川名。続く左オーバーハンドも空振りとなるが、組んできたマメドフをケージに押しこむ。ウィザードのマメドフを前方に崩しにかかった川名。マメドフは逆に小手投げから、川名をケージに押しこみ返しヒザ蹴りをボディに突き刺す。体を入れ替えた川名はハイクロッチ、両ワキを差してもマメドフを崩すことはできない。ならばとシングルに出た川名をギロチンで捉えようするマメドフ。

川名も反応するが、ここでシングルから差し上げテイクダウンを仕掛けたマメドフにバックを許す。スローダウンでヒザをつかされた川名が立ち上がるも、バックコントロールのマメドフはヒザを入れ、後方にテイダウンを決める。そのままマメドフは、バックを制してワンフックから強烈な勢いでパンチを落としていく。

腰を上げることができず、両足フックから左右のパンチを被弾する川名。ここでマメドフがケージを掴んでバランスをキープしたため、レフェリーが試合を止めてスタンドで再開を命じる。思わぬ形でピンチを逃れることができた川名が、右を振ってダブルを仕掛けたところで初回が終わった。

2R、マメドフが左ジャブを当て、川名の右の空振りのあとに逆に右をヒットさせてケージに押しこむ。態勢を入れ替えた川名が金網に押し込んでいくも、ヒザを腹に受ける。初回と同じように組みで優勢に立ちたい川名だが、テイクダウンを奪うことはできない。ヒザを入れて離れたマメドフが、小外を防いで逆にテイクダウンに成功する。

バックコントロールからスローダウンを幾度なく仕掛け、寝技で両足をフックしたマメドフが、パンチを入れ川名をコントロールする。立ち上がった川名は、ここでも前方に崩され胸を合わせることがなかなかできない。前転からヒザ十字を狙った川名は、足を抜かれ立ち上がる。ここもバックを取り続けるマメドフが、後方から右ハイキックを狙う。直後に2Rも終了し、川名は厳しい展開が続いた。

自ずと逆転にはフィニッシュしかなくなった川名。右を当て、オーバーハンドからケージにマメドフを追い込み、足を止めての覚悟の打ち合いへ。ここで右を当て、ついにマメドフにヒザをつかせる。ここぞとばかりパンチを続ける川名だが、マメドフはシングルレッグで組み付きケージに押しこみ、ダブルへ移行する。スイッチを狙った川名は、潰されてグラウンドへ引き込まれる。

すぐに立ち上がり、ケージを背にした川名が思い切って差し上げテイクダウンへ。すかし気味に川名を崩したマメドフが腕を取りつつバックを制す。四の字フックで背中を取ったマメドフ、川名が腰を上げることができず仰向けにされる。手繰って胸を合わせに行く川名の背中に張り付くマメドフ。最後の1分をコントロールに徹したマメドフは、タイムアップと同時に小さく両こぶしを握った。

一か八かの勝負であわやのシーンも見せた川名だったが、一か八かに行く必要のないマメドフの地力が上回り判定勝ちを収め3Pを獲得した。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN