この星の格闘技を追いかける

【WJJC2018】ルースター級。橋本知之、かく戦えり──2年連続の表彰台、その軌跡

Hashimoto【写真】2年連続の表彰台は偉業だが、橋本自身の満足度はいかほどのものだったのだろうか(C) SATOSHI NARITA

5月31日(木・現地時間)から3日(日・現地時間)にかけて、カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。ブラジリアン柔術の頂点を極める同大会レビュー、第3回は2連続で表彰台の一角に登った橋本知之の3試合を振り返りたい。


01<ルースター級1回戦/10分1R>
橋本知之(日本)
Def.9分36秒 by ストレート・フットロック
マテウス・マガリャエス(ブラジル)

一度引き込みで減点を与えられた橋本は、2度目はよりしっかりとギを掴んで引き込む。すぐにマガリャエスの右足にデラヒーバフックと左腕を絡める得意な形を作ると、外回転してマガリャエスを崩し、バックを狙う。

背中をマットに付けて守ろうとするマガリャエスに対し、橋本はトラックポジションからヒザ固めの形を作る。さらに絡んだ足を下げることでマガリャエスの上体を浮かせた橋本は、背後に回ってクラッチを取ることに成功。腰を上げて逃れようとするマガリャエスだが、橋本はその背中によじ登るように両足フックを入れて4点先制した。

02腰を上げつつ頭を下げた体勢を取ったマガリャエスの背後に乗った橋本は、そのまま送り襟絞めに。絶体絶命の状態で苦悶の表情を浮かべるマガリャエスが、場外側で崩れ落ち橋本の足をタップしたところでレフェリーが試合を止めた。

圧巻の速攻一本勝ちを収めた橋本はガッツポーズ。勝ち名乗りを受けようと中央に戻ると、何とレフェリーは橋本に2点追加を宣告。マガリャエスが崩れ落ちたのを場外逃避と解釈したらしく、試合続行となった。

さすがに面食らった表情の橋本に対し、マガリャエスはあたかもスパーで一度タップを取られた後、「もう一丁お願いします」と挑むかのように橋本に近づいてゆく。終わったはずの試合がごく当然のように続行されるという、なんともシュールな──橋本からすればありえない光景がマットに展開された。

とまれ、開始1分半で6点の大量リードを取った橋本。再び引き込むと、相手の片足を腕で固定するデラヒーバ、クローズドガード、ラッソー等から三角やスイープを狙って試合をコントロールしてゆく。マガリャエスは上からプレッシャーをかけようとするが、柔軟な腰と股関節を持ち、二つ折りになっても平然としている橋本を攻めあぐねる。やがて橋本は再び、深いデラヒーバフックからベリンボロを仕掛け、バックマウントを取ることに成功。10-0とリードを広げてみせた。

03腰を上げて前方に落とそうとするマガリャエスに対し、橋本はクローズドに移行。それを割ったマガリャエスは噛みついてのパスを狙うが、橋本は足を効かせて防ぎ、再びマガリャエスの右足をデラヒーバで捕獲。その足をアキレス腱固めに極めて、今度こそ一本勝ちを奪った。

開始早々相手からタップを奪ったのに認められないという不条理にもめげず、ペースを崩すことなく得意の形で相手を翻弄した橋本。最後は(かつてUFCでマット・リンドランドから1試合2回タップを奪ったムリーロ・ブスタマンチの如く)1試合2度目の一本勝ちを収めたのだった。難攻不落にして攻撃力も抜群。独自のガードゲームの完成度の高さとともに、不意の災難にも動じないメンタルの強さも見せつけた橋本は、世界トップの一角、ルーカス・ピニェーロとの準々決勝に駒を進めた。

04<ルースター級準々決勝/10分1R>
橋本知之(日本)
Def. 8分12秒by 送り襟絞め
ルーカス・ピニェーロ(ブラジル)

05引き込んだ橋本は、ピニェーロの左足にデラヒーバで絡みつつ右腕でフックする得意の形を作る。さらにピニェーロのラペルを引き出した橋本は、それを自らの右足に絡めて右手で取ることで、さらに強固にピニェーロの左足を固めた。そのラペルグリップを引きつけてピニェーロのバランスを前に崩してから、後ろに倒して上になり2点先制してみせた。

下になったピニェーロはすぐにシットアップして2点を返すと、両足担ぎの体勢を作る。橋本は足を効かせ、また柔軟な体を利用したインヴァーテッドも使ってそれを許さない。やがて橋本は、ピニェーロの左足をデラヒーバと右腕で固定する形を再び作ることに成功した。

06ピニェーロは空いている橋本の左足を取るとトーホールドに。橋本はこの動きに乗じてピニェーロの腰につくと、飛び込んでベリンボロから上を狙うが、ピニェーロはシットアップ。この流れの中で、橋本は下になりながらもピニェーロの左足を肩で抱える形を作った。この攻防でピニェーロに1つ、橋本に2つアドバンテージが加算され、残り5分の時点で橋本がリードを奪う。

07右足を横に開いてバランスをとったピニェーロは、前に飛び込んでのベリンボロ狙い。それが叶わないとみるやダブルガードの形からのレッグドラッグを試みるが、橋本もディフェンス。しばらくダブルガードでの攻防が続いた。

08残り3分。50/50の形から橋本が上になると、ピニェーロもすぐに上を取り両者に2点が加算される。橋本はピニェーロを下から足で浮かせて前に崩して上を取り返して6点目。さらに上からのベリンボロで飛び込んで背後に着いた橋本は、たすき掛け&シングルバックを完成。逃げたいピニェーロが動いて亀になったところで、送り襟絞めでタップを奪ってみせた。

パン大会では強豪ピニェーロからバックを奪って快勝した橋本は、今回同じ相手に一本勝ち。前回はクローズドガードからバックを奪ったが、ムンジアルではダブルガードからベリンボロの攻防を制して背中を取ったあたり、その技術の多彩さも特筆ものだ。世界の舞台で2試合連続一本勝ちし、昨年より確実に強くなったことを示した橋本は、昨年一本負けを喫した絶対王者、ブルーノ・マルファシーニの待つ準決勝に駒を進めた。

09<ルースター級準決勝/10分1R>
ブルーノ・マルファシーニ(ブラジル)
Def. 3分49秒by 袖車
橋本知之(日本)

両者座った姿勢から、マルファシーニは上を選択する。マルファシーニは担ぎを狙い、また橋本の両足のズボンを掴んでその体を二つ折りにするようにマットに押し付ける。柔軟な下半身を持つ橋本はそれを受け流して両腕で距離を取る。さらにマルファシーニは橋本の両膝を掴むと前進。橋本も両腕でブロックして距離を取り続けたため、まるで両者は橋本のギの背中でマットを雑巾掛けするかのように10歩ほど前に進んでいった。

やがて橋本はマルファシーニの右足を左腕で抱えると、そのまま左足を外からデラヒーバで絡める得意の形を作ることに成功。さらにマルファシーニの裾をヒザ裏から通して掴んでホールドを強化した橋本は、そのまま外側に回ってのバックテイクを狙う。十分察知しているマルファシーニは、同方向に回転しながら逆に橋本の空いている右足をステップオーバーして越えにかかる。が、橋本は右ヒザを立てるようにディフェンスした。

10一息付いた後、再び回ろうと試みる橋本。しかしマルファシーニはバランスを取りながら右腕で橋本の右肩を抱えてその動きをブロック。同時に自分だけ同方向に回って左足で橋本の右足を超えたマルファシーニは、ダイブするように重心を前に持っていく。橋本の右ワキに体を入れ、右肩でプレッシャーをかける形で首を制した王者。前傾姿勢で重心が前に行き、両足がほぼ浮いた状態で橋本の足の絡みを解除し、着地しながらサイドバックにつく

11さらにマルファシーニはたすきがけで組んでいる両手のグリップを、自らの袖を持つ袖車のグリップに変えると、そのまま左手首を深く橋本の喉元に食い込ませるアーム・イン・エゼキエルの形に。逃げようのない橋本はすぐにタップした。

橋本得意のガードの形を作らせておいてなお、それをあっという間に攻略してみせた絶対王者は──橋本のスピンを止めながら空いている右足を超え、次に首を殺し、最後に絡まれた足を抜くという着実な手順をほんの数秒でこなしたこと。そして不安定な前傾姿勢でバランスも崩さずに空中で足を解除したその身体操作。どちらも常人に簡単に真似できるものとは思えない。

ただ、マルファシーニの恐るべき強さが今回際立ったのは、去年よりも明らかに強くなった橋本が相手だったからこそ。そしてこの敗戦がさらに橋本を強くさせることに疑いの余地はなく、2年連続の表彰台という偉業とともに彼の2018年のムンジアルは終幕となった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY