この星の格闘技を追いかける

【UFN131】変化の乏しい試合、アルヴィーがヴィランテからスプリット判定勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
サム・アルヴィー(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ジャン・ヴィランテ(米国)

ヴィランテのジャブにカウンターを合わせようとしたアルヴィー。ヴィランテは右ローを連続で蹴り、右ハイを繰り出す。アルヴィーはケージを背負いつつ、右フックを放ちワンツーへ。さらに左ストレートを当てていく。ヴィランテが右ボディストレート、続くハイからのローが急所に入る。ブレイクから再開後、右ローを蹴ったアルヴィーは左フックでダウンを奪う。すぐに立ち上がったヴィランテは時間に救われた。

2R、初回同様にケージを背負うアルヴィーはヴィランテのハイをブロック、そしてスウェイでかわす。ヴィランテはパンチの距離に入って行けない。そのヴィランテに左を入れたアルヴィーは右ミドルを左手で受け、少し表情をゆがめる。ヴィランテは残り80秒でワンツーを当てる。ワンツーを続けるとアルヴィーが左をヒットさせ、パンチを纏めるなど終盤を攻勢のまま終えた。

最終回、ヴィランテが右ミドルから右ハイを狙う。アルヴィーはワンツーを返す。右ジャブを突き、ヴィランテを制するアルヴィー、攻撃手段が限定的で変化に乏しい試合は残り1分を切る。ここで右を当てたヴィランテ、アルヴィーは右ジャブを繰り出す。アルヴィーはダウンを奪っているが、余りにも見過ぎか。最後にヴィランテは組みつき、試合終了。ジャッジの裁定は割れ、苦笑いを浮かべたアルヴィーがスプリット判定勝ちを手にし、コーリー・アンダーソン戦をアピールした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday