この星の格闘技を追いかける

【ACB87】試合結果 危機一髪、水垣偉弥が初回のピンチから立ち直り、ACB初勝利を挙げる

ACB87【写真】ピエトロ・メンガ戦を乗り切り、次のステップへ向かうことができる水垣(※写真は計量時のモノ)(C)ACB

19日(土・現地時間)、英国ノッティンガムのモーターポイント・アリーナでACB87「Nottingham」が行われ、水垣偉弥が2年8カ月振りの勝利を挙げた。

開始早々にピエトロ・メンガの左フックを被弾し、キャンバスに崩れた水垣。ここまでかと思われたが持ち直し、その後はパンチも蹴りも被弾せず、テイクダウンからトップをしっかりとキープ。勢いのあるパウンドを落として、判定勝ちし──やはり涙を見せた。

ACBとの契約最後の試合で勝利を手にした水垣、MMAファイターとして首の皮が繋がった元日本のエースの次なる戦いの舞台がどこになるのか、その報を待ちたい。


ACB87「Nottingham」
<フェザー級/5分3R>
○ロバート・ホワイトフォード(英国)3R
判定
詳細はコチラ
×キーン・ムサ(英国)
<ミドル級/5分3R>
○ピョートル・ストルス(ポーランド)3R
判定
×フェルナンド・ゴンザレス(米国)
<バンタム級/5分3R>
○水垣偉弥(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×ピエトロ・メンガ(英国)
<ミドル級/5分3R>
○イブラヒム・チュチュガエフ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×マイク・ローデス(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ロブ・エマーソン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×シャミル・シャフブラトフ(ロシア)
<ライト級/5分3R>
○アンドレ・ウィナー(英国)2R1分03秒
RNC
詳細はコチラ
×アダム・アリエフ(ロシア)
<フェザー級/5分3R>
○アレックス・ギルパン(米国)3R0分47秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×アドラン・ママエフ(ロシア)
<ウェルター級/5分3R>
○スタニスラフ・ヴラセンコ(ロシア)3R
判定
×サム・ボルト(英国)
<ライト級/5分3R>
○スティーブン・マーチン(英国)3R2分15秒
判定
×リジス・サグデン(英国)
<バンタム級/5分3R>
○ディーン・ガーネット(英国)3R
判定
×ドミニク・ウッディング(英国)
<ウェルター級/5分3R>
○アダム・プロクター(英国)3R
判定
×アシュリー・リース(英国)
<バンタム級/5分3R>
○カルロス・アブレウ(ブラジル)3R
判定
×クリス・ミア(英国)
<ミドル級/5分3R>
○ケヴィン・ミューレン(英国)2R1分44秒
TKO
×ジョージ・マクマナス(英国)
<フライ級/5分3R>
○ムラッド・マゴメドフ(ロシア)3R
判定
×パウロ・オリヴェイラ(ブラジル)
PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN