この星の格闘技を追いかける

【UFC223】ローで崩して、ケイターのパンチを無力化。モイカノ・タイムで見事な復活劇

<フェザー級/5分3R>
ヘナト・モイカノ(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
カルヴィン・ケイター(米国)

慎重な立ち上がりの両者、ローとジャブが時折り交錯するなか1分が過ぎ、ケイターが踏み込んで右オーバーハンドをヒットさせる。動きが固まったモイカノは、左ジャブを続けて被弾し、右を打たれる。パンチが大きくなったモイカノだが、右から左ミドルを繰り出す。やや低い蹴りにも冷静なケイターは、左ミドルをキャッチしたままで蹴りを狙う。

モイカノはケイターの右をサークリングでかわして、左ジャブを差すと、パンチに右ローを合わせる。さらに左ジャブを当てたモイカノが左ローを入れ、右ショートを踏み込みに合わせて、離れたところで左ストレートと本来の動きを取り戻した。

2R、ケイターの右に左を被せるモイカノ。パンチが当たらず、被弾することが増えたケイターはローを蹴られ、左フックにも右フックを被弾する。左ハイを見せたモイカノは、左ミドルから右ストレートを打ち抜き、ローを連続で蹴っていく。左右のローでバランスを崩すようになったケイターは、同時にパンチも荒くなりカンターを受けるように。

右を決めたモイカノは左ロー、右フックに続き左ミドルを決める。右アッパーからの左ミドルをキャッチされたモイカノだが、足を引き抜いてロー。反撃の芽を刈られるケイターは、ローでバランスを崩す。意識が足にいったケイターにアッパーを突き上げたモイカノは、引き続き左右のローで前足を削る。さらに右ストレート&左フックを当て、ローにつなげケイターを翻弄、モイカノ・タイムの5分が終わった。

最終回、蹴り足をキャッチしテイクダウンを奪ったケイター。すぐにモイカノが立ち上がると、右クロスを決める。モイカノは右ローを蹴り下ろし、右フック。ケイターの左ジャブは届かず、ローでバランスを崩されてしまう。右フックから左ミドル、ローと徹底的にケイターを追い込むモイカノは、一発を被弾しない冷静な試合展開を展開。

ローに大きく反応するケイターの顔面にパンチのコンビを打ち込むモイカノは、右アッパーをヒットさせ、もはや一方的といっても過言でない試合展開に。接近戦でも首相撲からエルボーを決めたモイカノに対し、ケイターは構えを変えてパンチを振るうが、その拳は空を切るばかり。ブライアン・オルテガ戦からの見事な復活を遂げたモイカノは、勝利のコール前からセコンドのONE世界フライ級王者アドリアーノ・モライシュと固い抱擁をかわした。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY