この星の格闘技を追いかける

【UFC222】オルロフスキーがテイクダウンを交えたファイトでシュトルーフに快勝

<ヘビー級/5分3R>
アンドレイ・オルロフスキー(ベラルーシ)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ステファン・シュトルーフ(オランダ)

左ローを入れたオルロフスキー、シュトルーフは右ハイを繰り出す。オルロフスキーは左右のローを蹴り、右オーバーハンド。果敢に前に出てパンチを振るうオルロフスキーは、シュトルーフのローに右を合わせ、組んではボディロックテイクダウンに成功する。寝技には移行せず、立ち上がったオルロフスキーに対し、シュトルーフが左右のフックでラッシュを掛ける。

動きが止まりかけたオルロフスキーだが、シュトルーフのテイクダウン狙いにリバーサルを合わせてトップを奪取。ここも立ち上がって、ブレイクを待つ。シュトルーフのテンカオはタイミングが合わず、オルロフスキーは体当たりのような形で組んでいく。シュトルーフの強引なテイクダウン狙いをすかして四つん這いにさせたオルロフスキーがラウンドを取った。

2R、距離を詰めて右ハイを蹴ったシュトルーフ。オルロフスキーはブロックし、左ローを蹴る。続く組み合いでも、喧嘩四つからトップを取ったオルロフスキーだが、シュトルーフはスイープ狙いから、外掛けのストレートレッグロックに。自ら技を解いたシュトルーフがトップキープからバックを狙う。背中を譲ったオルロフスキーは殴られながらも、一気に立ち上がる。強引にフックを狙ったシュトルーフに胸を合わせたオルロフスキーは、ケージに押しこまれるも、体を入れ替え右腕を差し上げて崩しつつ左でパンチを入れる。

残り50秒でブレイクが掛かり、打撃の間合いになると、オルロフスキーはシュトルーフが指を伸ばすと怒りのアピール。繰り返すとペナルティと注意が入ったシュトルーフはミドルを蹴られ、右ローを返す。直後にタイムアップとなり、試合は最終回へ。

シュトルーフが重い右ローを蹴っていくが、2発目に右のパンチを合わせられる。右ミドルにも右を合わせたオルロフスキーは、初回のような手数がない。ここも組んだオルロフスキーは、バックを取り切れずシュトルーフが離れる。今度はシュトルーフがアイポークがあったとアピール。どうにも締まらない試合展開に。

再開後、ローを蹴り合った両者。オルロフスキーが右オーバーハンドをヒットさせる。両差しから、テイクダウンに成功したオルロフスキー。シュトルーフは背中を預けて立ち上がり、胸を合わせて離れるとパンチのラッシュを掛ける。これをいなしたオルロフスキーが3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF