この星の格闘技を追いかける

【UFC221】ローで削られながら、パンチの間合いは潰したキム・ドンヒョンがブラウンを破る

<ライト級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ダミアン・ブラウン(豪州)

ジャブとローで間合いの探り合いから、ブラウンがワンツーで前に出る。距離を取ったキムは左ミドル。ブラウンの右ローでバランスを崩し、尻餅をついたキムはさらに右ローを左足に受けて体がよれる。ブラウンは右ローを多発することなく、右アッパーを入れる。キムも右を返したが、ボディにパンチを受けるなどブラウンのペースで試合は進んだ。

2R、ブラウンがローからパンチで前に出てくるのを左ジャブで止めるキムが、右をヒットさせる。ローから左右のフックを振るうブラウンだが、クリーンヒットはなくこの回はキムが距離を支配している。ジャブを当てるキムも、そこからはない。スイッチを取り入れているキムは左ミドルや左ハイを見せ、右フックをヒット。ブラウンのローで、転がされたキムだが、この静かなラウンドでイーブンに持ち込んだ。

最終回、距離が近づき、パンチと蹴りの交換が増えた序盤。綺麗な打撃戦が続き、その分予定調和から外れる機会が少ない。組みなど織り交ぜて、アクセントが欲しい両者だが、ポイント・キックボクシングマッチが続く。ミスが許されない最後の5分も残り90秒に。手数はブラウンが多いか。ブラウンの前進、間合いを外すキム。巧妙なキムの距離のコントロールも、ローで体が崩れると台無しになる。最後にワンツーを入れたキムは、タイムアップと同時に足を引きずる素振を見せキムだが、スプリットに割れた勝負をモノにした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY