この星の格闘技を追いかける

【Bellator192】これは……厳しい、グレイシーの名が重すぎるクォンリーの敗北デビュー

<ウェルター級/5分3R>
ディヴォン・ブロック(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
クォンリー・グレイシー(米国)

クォンリー・グレイシーのデビュー戦。右に回るクォンリーが右ローを放つ。ブロックが左ローを返し、前に出る。左ジャブを見せたクォンリーは、基本距離を取るファイトに徹する。クォンリーの右ハイに距離を詰めようとしたブロックが左フック。ここでグレイシーが組んでクリンチへ。ケージに押し込みきれなかったクォンリーが右フックを被弾する。

ダブルレッグで組み、引き込んだクォンリーはハイガードを取り、頭を抱えつつ三角を狙う。足をしっかりとクラッチし、腕を送ったクォンリーに対し、ブロックがヒジを引き寄せてディフェンス。クラッチが切れたクォンリーがパウンドを受け、腕十字に移行するがそのまま連打されガードに入れたところで初回が終わった。

2R、初回と同じように距離を取るクォンリー、ブロックも詰めることなくローじゃジャブを繰り出す。左ジャブを受けたクォンリーは、なかなか攻め手が見つからず左ジャブを伸ばすのみ。ブロックの左ジャブに対し、クォンリーが組もうとするがすぐに離れる。ほぼ攻防のない2Rは最後にブロックがダブルレッグでクォンリーを倒したところで時間となった。

最終回、クォンリーが右ローを2発。ブロックが左ジャブを伸ばし、直後に組み付いたクォンリーだがテイクダウンは奪えない。ローをキャッチされ、右を被弾したクォンリーは組みを潰される。ヒザをついた状態で両腕を伸ばし、頭を下げてクォンリーがテイクダウンを狙うもブロックが離れる。

右ローを蹴って離れるクォンリーは打つ手なし。低い姿勢のローを簡単にかわされると、逆にダブルを決められてタイムアップを迎えた。結果はブロックが判定勝ち、2人のジャッジが29-28としたのはグレイシーの名前か……。前途はどう考えても洋々ではないクォンリー、グレイシーも柔術とMMAの付き合い方を考える必要がある時代を本格的に迎えた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY