この星の格闘技を追いかける

【2017~2018】近藤朱里─02─「自分で思うのは、相手の良いところを潰すタイプだということ」

Syuri【写真】 勝利への拘り、勝ち方に朱里の現状とこの先に何を見ているのかが伝わってくる(C) MMAPLANET

9人のファイター達が語る2017年と2018年、近藤朱里の足跡と一里塚─第2弾。

キャリア6戦目でUFCデビューを果たした朱里は、オクタゴンという試合場でデカゴン以上に輝いていた。まだ、その輪郭も深淵も見せていないMMAファイター、朱里が本領を発揮し、その可能性を示す場こそがUFCなのだろう。

UFCでの勝利に対する朱里の思考を知ることで、ファイター朱里、そして格闘家・近藤朱里が分かるような気がした。

<近藤朱里インタビューPart.01はコチラから>


──試合自体もパンクラスで戦っていた時と比較して、より開放感があるというのか……思い切りが良かったように感じました。

「今までになく楽しく試合ができました。パンクラスの時と変わらず、『負けらんねぇ』っていう気持ちでしたけど、凄く楽しかったです。そういう意味で、何か感覚は違いましたね」

──朱里選手は大舞台が合っているのかもしれないですね。

「そうかもしれないですねぇ……」

──ところで、あの試合でスプリットになったことに関してはどのように思っていますか。

「本当に『エッ?』、あの1人のジャッジおかしいでしょって思ってしまいました、怖いッスねぇ」

──だから選手は一本勝ち、KO勝ちが必要だというのは暴論だと思います。ジャッジがしっかりとMMAを理解してスコアするのは当然の話なので。

「ああいうことがあるからって、何が自分の戦い方を変えるようなことをすると、スタイルが崩れて負の連鎖が始まるかもしれないので、アレはアレとして──大切な初戦で。負けなくて良かったと思うようにしています」

──2018年、UFCもなかなか日本人選手は試合が決まらないことがありますが、理想をいえばどれぐらいの試合間隔で戦っていきたいですか。

「2月ぐらいには試合をしたかったのですが、今は3月か4月にできればと思います」

──目標はどこに?

「ランキングに入りたいです」

──15位周囲にマリナ・モロズ、ランダ・マルコスらがいますが、ぜひとも越えていってほしいです。

「何試合必要なのか、誰に勝てばランク入りするのか分からない状態なので、誰と戦いたいということはないですが……存在感を増すためにまずはランク入りをしたいです。そのために当てられた選手にしっかりと勝たないといけないと思っています」

──日本人目線でいえば、厳しい試合が組まれることが多いです。

「でも、誰と戦っても勝たないといけないのは変わりないですから」

──最終目標である王者がヨアナ・イェンジェチックからローズ・ナマジュナスに代わりました。

「それはもう、目標がナマジュナスに代わるだけです。戦いなので、試合は何が起こるか分からないのでヨアナがずっとチャンピオンでいられるとも思っていなかったですし」

──今のUFCは勝利だけでなく、良い試合というモノを求められています。その辺りについて朱里選手はどのように考えていますか。

「試合は勝たないといけないと考えています。良い試合をしても、その時は拍手をされて『良い試合だった』と言われても、最終的には結果を見られるので。試合を見る人の数と、結果をチェックする人の数は違うし。結果を残すことは本当に大切だと思っています」

──実は朱里選手がパンクラスで行ってきた試合は、実際のところを実力的にどのように評価して良いのか難しかったです。朱里選手自身の実力未知数であり、対戦相手もそうで。

「ハイ」

──ただ、パンクラスで戦ったキンバリー・ノヴァエスが敗れたとはいえ、Invicta FCで試合をするとガンガン打撃を出して、持ち味を発揮していました。あの勢いを完封したことで、その潜在能力の高さを改めて理解できた気がします。

「自分で思うのは、相手の良いところを潰すタイプだということですね。トレーナーからも、『朱里って相手の良いところを潰すから、対戦相手からすると嫌な選手だと思う』って言われたことがあります」

──だからこそ、ランキングにポンと入ってくれることを期待しています。

「そうですね。面白い試合をしたいとは思います。面白い試合をして勝つことが一番です。ただ、それは結果論なんです。勝つために戦って、それが面白かったと思われるのかどうか。

このままだと負けるという状況まで追い込まれると、覚悟を持ってガンガン前に出ます。それは絶対にそうなると信じています。ただ、これまでの試合ではそこまで追い込まれたことがないんです。

そういう状況に陥っていないのは、私が的確に相手の良さを出させずに勝つことができたからだと理解しています。今後はUFCで戦うのだから、これまでのようにいかないです。だから、追い込まれた時は腹を括ってガンガン行くこともあると思います」

──そうなる日が遠いことを願っている一方で、そういう朱里選手の試合を見てみたいとも思います(笑)。

「そうなるのがUFCだと思います(笑)」

<この項、続く

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Arzalet

ONE DAY