この星の格闘技を追いかける

【Pancrase292】魂のケージレスリング、スクランブル戦を制した藤井が佐久間に競り勝つ

<バンタム級/5分3R>
藤井伸樹(日本)
Def.3-0 :29-28.29-28.29-28
佐久間健太(日本)

藤井が左ジャブを伸ばし、右ストレート&左ミドルを放つ。組んだ佐久間が藤井をケージに押し込み、態勢を幾度と変えるなかで佐久間が小外掛けでテイクダウンを奪い、そのままサイドへ。エビで動く藤井はパンチを落とされながら立ち上がって向かい合う。左ジャブで距離をつめる藤井がシングルでテイクダウン。佐久間はケージを背にして立ち上がる。シングルを続ける藤井だが、リリースした瞬間に体を入れ替えた佐久間が最後にテイクダウンを決めてパンチを落とす。藤井が立ち上がり、佐久間が3票を集めた初回が終わった。

2R、藤井の右ストレートに佐久間が右フックで応える展開のなか、佐久間は左フックも当てる。前に出て組みに出た藤井は大内を見せ、シングルへ。首を刈って耐える佐久間は四つ組みになって離れる。まっすぐ突っ込ダブルでケージに佐久間を押し込んだ藤井が、シングルに移行してバックを伺う。

胸を合わせた佐久間は小外、ここで両者が離れると藤井が右ストレートを当て、直後にシングルレッグでテイクダウンを成功させた。ガードの中から勢いのあるパンチを落とす藤井はボディにエルボーを入れ、顔面にパンチを連打。ジャッジは3者とも彼のラウンドとした。

最終回、右ストレートを当てた佐久間。藤井はダブルレッグを狙い、尻もちをつかせる。ここからのクリンチ合戦はポジションを入れ替え、佐久間が最後はテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がった

藤井が右を打ち込む。佐久間はここから組み、打撃の劣勢に。藤井はシングルレッグでテイクダウン、勢いよくパウンドを落とす。劣勢の佐久間は防御中心の追い込まれ、バックマウントを許す。佐久間はここで胸を合わせて、立ち上がるも藤井がテイクダウンを決めてバックを取りつつ鉄槌を連打する。

両足をフックした藤井がマウント、バックマウントで佐久間の背中を伸ばさせる。RNCは極めきれなかったが、藤井は最後まで攻め続けたタイムアップを迎えた。結果は2Rと3Rを取った藤井が、根性勝負を制して判定勝ち――タイトル挑戦をアピールした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY