この星の格闘技を追いかける

【TUF26】急遽出場のマーフィーが、ホンチャックとのベストファイト級の勝負で勝ち切る

<女子フライ級/5分3R>
ローレン・マーフィー(米国)
Def.2-1:29-28.29-28,28-29
バーブ・ホンチャック(米国)

左ジャブから右を伸ばすマーフィー、ホンチャックはロー&カウンターの右を見せる。打ち下ろしの右ストレートを放つホンチャックだが、マーフィーも右を当てる。やや遅れて拳が出て来るオーバーハンド気味のパンチにタイミングが合っていないホンチャックは、左ミドルに右を合わされる。マーフィーの右が当たり、追撃の打ち終わりにホンチャックが右をヒット。さらに鋭い右ローを蹴り込む。

違いに攻撃を当て、主導権を譲らない展開のなかマーフィーがワンツーの右を入れる。右を打ち返したホンチャック。互角の打撃戦は判断が難しい5分となった。

2R、押し切るのか、リズムを変えるのか──左ジャブ、続いてワンツーを見せる2人。その左ジャブに右フックを被せるマーフィーだが、ホンチャックが右クロスを打ち込む。一瞬、動きが固まったアーフィーは、逆に右フックを当て返す。直後にワンツーを入れたホンチャックにマーフィーが左ジャブを2発ヒットさせる。右オーバーハンドの打ち合い、ジャブを当てたマーフィーに対し、ホンチャックが右を打ち返す。さらに右ストレートを顔に入れたホンチャックに、マーフィーが左ハイを狙う。

右ローを蹴ったホンチャックが右ストレート、マーフィーはダブルレッグを一気に決める。スクランブルでバックに回ったマーフィーは、強引なテイクダウンが自滅して下に。マーフィーに腕十字をセットアップさせなかったホンチャックのラウンドとなったか。

最終回、左ジャブを差し合ってから右を届かせたホンチャック。左ローでマーフィーの前足を削る。マーフィーは右オーバーハンドをヒットすると、間合いを取り直す。ここでシングルレッグを決めたマーフィーがトップを取り切る。

右エルボーを落とすマーフィー、ホンチャックが腰を切って腕十字へ。右腕を伸ばしにかかるが、マーフィーもヒジを引きよせる。ここでホンチャックが三角に移行し、さらに腹這いになり腕を伸ばしていく。マーフィーはホンチャックの体を跨ぐようにして、ヒザのプレッシャーをルーズに刷るや、上を取りに。立ち上がろうとしたホンチャックのバックを制し、両足をフックしたマーフィーがバックマウントを完成させる。

首を守るものの胸を合わせることができなかったホンチャックは、バックマウントを許した状態でタイムアップに。同時にホンチャックは健闘を称え合おうとハグの仕種をみせたが、マーフィーは立ち上がって勝利をアピール。

ジャッジが分かれた好勝負はマーフィーに凱歌が上がった。シジャラ・ユーバンクスの脱落で、繰り上がりでホンチャックとの対戦が決まったマーフィーは勝ちが決まると、ホンチャックと抱き合い、「彼女はずっとこの階級のトップだった。だから、次はタイトルに挑戦したい。ずっと良いファイター、良い人間になりたいと毎日を過ごしてきた」と話した。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie