この星の格闘技を追いかける

【UFC217】急遽出場のOSP、追い込まれても慌てず左ハイ一発でアンダーソンをKO

<ライトヘビー級/5分3R>
オヴァンス・サンプレー(ハイチ)
Def.3R1分25秒by KO
コーリー・アンダーソン(米国)

10日前にパトリック・カミンズの代役出場を決めた──UFC日本大会のヘッドライナー=OSPは、TUF19ウィナーのアンダーソンに右ローを蹴っていく。続いて左前蹴り、アンダーソンが右を返すもOSPはスナップを効かせた左を当てる。アンダーソンはダブルレッグでテイクダウンを一気に奪うと、スクランブルでバックを制してもう一度テイクダウン。OSPは胸を合わせて立ち上がると、すかさずダブルレッグへ。

頭の位置を上げたアンダーソンがヒザ蹴りをボディに入れ、離れたOSPをパンチで追いかける。左を振るってから、シングルに出たアンダーソンがダブルレッグに移行し、テイクダウンを狙う。ここは凌いだOSPはヒザ蹴りも、スピニングエルボーを打たれケージに押し込まれる。離れたアンダーソンにOSPはオーソに構え、スイッチして左を振るう。続くヒザ蹴りにアンダーソンが組んでケージまでドライブする。残り10秒、OSPが左を当てて、ラッシュを掛けると左フックでダウンを奪う。この直後にタイムアップとなり、新ルールではOSPがインパクトのある攻撃を残したラウンドとなった。

2R、ワンツー、左ハイを入れたOSP。マウスピースを吐き出したアンダーソンに対し、レフェリーが試合を止める。ある意味、アンダーソンへの救済処置となったブレイク後にアンダーソンは即組みついていく。アゴを押して押し返したOSPは、続くシングルから押し込みにも、直ぐに離れて左ジャブを当てる。アンダーソンはシングルレッグからダブルへ、肩にOSPを担いでテイクダウンに成功する。バックコントロールからパンチ、ヒジを入れるアンダーソンは一度は立ち上がったOSPの足を払って、再び亀の態勢にさせる。右の手首を掴んで。左でパンチを打ち込むアンダーソンに対し、OSPもスイッチ狙いがスタンドへ。ケージにOSPを押し込んだままラウンド終了を迎えたアンダーソンがラウンドを取り返した。

最終回、足を使うアンダーソンのシングルを切ったOSPだが、続くダブルでケージに押し込まれ左フックを被弾する。頭を振って左右のパンチで前に出ると、組んでいくアンダーソン。OSPは左を当てると、続いて左ハイ一閃。見事にアンダーソンのアゴを蹴り抜き、この一発で勝負を決めた。

「ガードが下がるところに蹴りを狙ったんだ。次? 月曜日にジムに戻ってコーチと話すよ」とOSPは非常に落ち着いた表情で話した。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie