この星の格闘技を追いかける

【UFN119】問題なく、手堅く、インパクト少なくリネケルがヴェラに判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ジョン・リネケル(ブラジル)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
マルロン・ヴェラ(エクアドル)

上背で上回るヴェラに対し、遠目の距離で間合いを図るリネケルは踏み込んで右ボディフック、返しの左フックを振っていく。ヴェラの左ミドルやハイをブロックし、ジリジリと前に出るリネケルが右ローを2発蹴る。ヴェラは左ストレートを伸ばし前蹴りで間合いの確保に掛かる。

構わず前に出てボディ、フックを振るっていくリネケルが残り1分でボディ&フックでラッシュを見せる。ケージに詰まったヴェラが前に出てくると右ストレートを打ち込んだ。

2R、ヴェラは間合いを掴めないまま、リネケルの後ろ回し蹴りやロー、ワンツーを被弾する。と、ヴェラも後ろ回し蹴りをリネケルの頭部に当てる。笑顔を見せたリネケルはここで一度組みついてから距離を取り直し、右ストレート&右ボディフックを打っていく。このままリネケルのリズムで試合は進み、ヴェラはローで転がされガードを強いられた。

最終回、ヴェラのミドルハイをブロックして距離を詰めたリネケル。ヴェラは首相撲ヒザを見せるが、ダメージを与えることはできない。リネケルも踏み込みが甘くなり、ケージ際でのクリンチが増える。ケージを背負ったリネケルはフックを振るって中央に戻り、ペースは落ちても流れは譲らない。

ようやくヴェラが前に出る場面が増えてきたが、一つのフックで下がり圧力を掛けることはできない。そしてリネケルの組みという展開で時間が過ぎ、最後はいなすような打撃戦を見せたリネケルが問題なく判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie