この星の格闘技を追いかける

【Bellator182】高度なボクシング、少しのステップバックでブレンコウがギャラガー下す

<女子フェザー級/5分3R>
アーリーン・ブレンコウ(豪州)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
シネード・カヴァナー(アイルランド)

するどいワンツー、左フックを放つカヴァナーが右を当てる。ブレンコウの右ローに右を当てたカヴァナーだが、右ストレートを被弾して距離を取り直す。右のオーバーハンドを互いに打ち合い、ブレンコウが左ジャブから右を伸ばす。カヴァナーも右リードライトを見せ、そこにブレンコウが右を合わせようとする。カヴァナーの前進に若干のステップバックからカウンターを狙うブレンコウのパンチの方が当たるようになってきたか。カヴァナーの左ジャブにブレンコウがワンツーをヒットさせる。鼻血を流したカヴァナーにブレンコウの右が当たり初回が終了した。

2R、カヴァナーの左ジャブにカウンターを入れようとしたブレンコウだが、その先でカヴァナーの右が当たる。カヴァナーのパンチをはたいたブレンコウが、右をヒット。高度なボクシング戦は、ブレンコウの待ち受けてからのパンチの精度が高い。カヴァナーは前に出る展開を続けるが、ブレンコウはそこにワンツーを合わせる。カヴァナーも左ジャブを当てるが、ワンツーと2発を被弾するシーンが目立ってきた。互いにパンチのスピード、威力がある一方で、頭を振らないスタイルで打ち終わりにパンチをもらう。その数がカヴァナーの方が大きいラウンドとなった。

最終回、左から右を伸ばし距離を詰めるカヴァナーに対し、ブレンコウがワンツー。カヴァナーは左ボディストレートを入れて、左ローを蹴る。右の相打ちからカヴァナーが前に出て、右を入れる。そこに右を返したブレンコウがダブルでジャブを放つ。きれいなワンツーを決めたブレンコウの――半歩と表現して良いステップバックに苦しむカヴァナーは、前進してワンツーを被弾する状況が続く。

それでも前に出て右を打ち抜いたカヴァナーだったが、直後にブレンコウが右を返してついに足が泳ぐ場面も。直後にタイムアップとなり、最初のジャッジがカヴァナーにつけたため不安な表情を浮かべたブレンコウがスプリット判定勝ちを挙げた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie