この星の格闘技を追いかける

【Top FC15】試合結果 佐藤豪則、5Rの急所蹴りで涙呑む。ジュニア&酒井は敗れる

TOP FC15【写真】試合が続行ができないとノーコンテストになるという指示は佐藤にあった模様だが……これで戦うと、残り2分もあるのだからTKO負けになってしまう……。この時点の反則行為による試合続行不可能という事態に対して、穴のあるレギュレーションだ(C)KIM HYUNG-JYUN

15日(土・現地時間)、韓国ソウル・カンソ区のKBSスポーツワールドでTop FC15が開催された。

女子ストロー級、ミドル級、そしてライト級と3階級で選手権試合が組まれた同大会。佐藤豪則がライト級王座決定戦でホン・ソンチャンと戦ったが、5Rの急所蹴りでノーコンテストに。常識的な見立ててで、その時点まで試合をリードしていたのは佐藤だったが、アクシデント発生時までの決が取られることはなく、無効試合に。いくらアクシデントといえども、反則。自らの動きを制御できていない攻撃で試合続行不可能に一方のファイターが陥っているのだし、このレギュレーションは見直す必要があるのではないだろうか。

また、同大会には他に中村ジュニアと酒井陵の2選手も出場しているが、ともに敗北。中村を破ったチョ・ソンビン、そしてキル・ヨンボックを倒したチェ・スンウなどTOP FCのフェザー級は高レベルで陣容が整っている印象を残した。


■TOP FC15
<Top FC女子ストロー級王座決定戦/5分5R>
○ジャン・ウェイリ(中国)2R1分35秒
TKO
詳細はコチラ
×ソ・イェダム(韓国)
<Top FCミドル級選手権試合/5分5R>
○キム・ジェヨン(韓国)2R1分03秒
KO
詳細はコチラ
×デヤン・トバルスキー(ブルガリア)
<Top FCライト級王座決定戦/5分5R>
─佐藤豪則(日本)5R
NC
詳細はコチラ
─ホン・ソンチャン(韓国)
<フェザー級/5分3R>
○チェ・スンウ(韓国)1R1分33秒
TKO
詳細はコチラ
×キル・ヨンボック(韓国)
<フェザー級/5分3R>
○チョ・ソンビン(韓国)2R1分39秒
TKO
詳細はコチラ
×中村ジュニア(日本)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ジョン・ダウン(韓国)3R
判定
詳細はコチラ
×酒井陵(日本)
<フライ級/5分3R>
○キム・キュソン(韓国)1R4分26秒
KO
詳細はコチラ
×イ・ミンジュ(韓国)
<ライト級/5分3R>
○チェ・ウヒョク(韓国)3R
判定
×オ・ホテク(韓国)
<ウェルター級/5分3R>
○パク・ジュンヨン(韓国)1R2分33秒
判定
×ジョン・セユン(韓国)
<ミドル級/5分3R>
○ソル・ギュジョン(韓国)3R
判定
×ジョン・ソンジク(韓国)
<バンタム級/5分3R>
○ユ・スヨン(韓国)2R3分57秒
RNC
×パク・ギョンホ(韓国)
<ウェルター級/5分3R>
○ホセ・カンポス(米国)1R4分15秒
TKO
×チェ・ジョンヒョン(韓国)
<バンタム級/5分3R>
○キム・ソンミン(韓国)1R4分15秒
TKO
×チャ・ボムジュン(韓国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday