この星の格闘技を追いかける

【Shooto】福田龍彌、アゴが割れて!!――なお萩原を圧倒

<フライ級/5分3R>
福田龍彌(日本)
Def.3-0:30-27.30-28.30-28
萩原幸太郎(日本)

プレッシャーを掛ける福田が左ボディ、続く右アッパーは空振りに。左ハイをガードを上から蹴った福田に対し、萩原はシングルレッグでテイクダウンを狙う。足を抜いて立ち上がった福田が左フック、構えを変えて右ロー。福田はサウスポーに戻して左を入れると、萩原をケージに追いやる。右を見せて組みに行った萩原だが、右アッパーから左ストレートを思い切りヒットされる。

福田は左ミドル、オーソに構えて右オーバーハンドは空を切る。右を当てた萩原は、逆に左を被弾してテイクダウンへ。これを切った福田が金網に萩原を押し込んで右エルボーを放った。

2R、初回同様に圧をかける福田は左ストレートを伸ばすが、少し狙い過ぎか。しかし、萩原はテイクダウンを切られ、起き上がったところで右フックを当てられる。組みを跳ね返し、左を打ち込む福田のペースは変わらず、テイクダウンを切って右アッパー、ヒザを蹴りこむ。次々と左を当てる福田が、右のコンビも見せて萩原を追い込む。

しかし、残り90秒で起死回生のダブルを決めた萩原が一気にパス、ニーインベリーとグラウンドで攻勢に。足を戻した福田あが、蹴り上げをさばかれ立ち上がることはできない。枕&ワキを差した萩原がトップで2R終了を迎えた。

最終回、左に続き右フック、そして左ボディとスタンドでは水を得た魚のように好調さをキープする福田。萩原に組ませず、左ストレートをヒットさせるも、手数は少なくなったか。残り90秒、萩原の組みを突き放した福田が、ここも左ストレートを当てる。最後は余裕を見せるように萩原の攻撃を見続けた福田が、3-0の判定勝ちを収め「倒したかったけど、1Rにもらったパンチでアゴが割れたみたいです。上手く話せないかもしれないけど……それでも楽しいし、したくてもできないファイターがいます。呑谷尚平っていう選手がいました、その人の分まで戦い、こういう大会でメイン張れるようになります」とマイクで話した。


PR
PR

関連記事

Movie