この星の格闘技を追いかける

【UFN111】佐々木憂流迦、劣勢に耐えスコッギンスに逆転RNCでタップ奪う

<フライ級/5分3R>
佐々木憂流迦(日本)
Def.2R3分19秒by RNC
ジャスティン・スコッギンス(米国)

憂流迦の右フックに組みついたスコッギンスが、後方にブリッジをきかせた大きな投げを見せる。すぐにスタンドに戻った両者、スコッギンスが右を当ててクリンチへ。小外でテイクダウンした憂流迦は、ムッセ・クラッチも、スコッギンスバックへ。胸を合わせた憂流迦のダブルレレッグにバックを狙ったスコッギンスが前方に落とされそうに。

続くスクランブルでトップを取ったスコッギンスは、立ちがった憂流迦にワンツーを入れる。さらに離れて左を当て、組んだスコッギンスは離れ後ろ回し蹴りを見せる。憂流迦も左ローを蹴るが、右を被弾する。構えを変えて後ろ回し蹴り、直後にワンツーを入れたスコッギンスがダウンを奪う。残り80秒、ガードの中からエルボーを落とすスコッギンスは、ハイガードを潰して重い右を入れる。さらに左を纏めたスコッギンスが、強いポスターから鋭いパウンドを入れ初回を取った。

2R、右ミドル、続いてスピニングバックキックをボディに入れたスコッギンスは、後方に倒れた憂流迦をハーフに捉え右エルボーを打ち込む。憂流迦はフルガードに戻すも、エルボーを連打で落とされ、厳しい展開に。スイープ狙いから左腕を伸ばしに掛かった憂流迦だが、これを防いだスコッギンスが左のパンチを打ち込む。

右腕を差し、シングルを仕掛ける憂流迦。スコッギンスがバックを伺うと、憂流迦は足関節へ。これも呼応したスコッギンスだが、スクランブルでボディロックから一気にバックを取った憂流迦がRNCへ。うつ伏せから仰向けになると、スコッギンスがタップ。憂流迦が逆転勝ち、勝利の雄叫びをあげた。

「アメージング。グレートファイター。彼が怖かった。だけど、ファンの皆がいるから恐れずに前に出ることができました。ありがとう。彼は本当に強くて、彼はレイボーグに勝っているので。次は日本大会でレイボーグとやりたいです」と憂流迦は語った。日本では知名度は低いが、スコッギンスは真の実力者。この逆転勝ちは、憂流迦のキャリアアップに大きな一生だ。


PR
PR

関連記事

Movie