この星の格闘技を追いかける

【WJJC2017】ミドル級優勝はアルジェス。ティノコがバッハのクローズアウト阻止。クサノは健闘も……

Middle【写真】クローズアウトを阻止したティノコ、最後は一本負けも殊勲の銀メダル獲得だ (C)MMAPLANET

1日(木・現地時間)から4日(日・同)にかけてカリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドで開催されたブラジリアン柔術世界選手権=ムンジアル。柔術世界一を決定する世界大会レビュー第8回はミドル級の模様をお届けしたい。


01<ミドル級1回戦/10分1R>
ジョナサン・サタヴァ(米国)
Def. by 8-0
レアンドロ・クサノ(ブラジル)

日本から参戦したクサノの初戦の相手のサタヴァは、昨年のノーギ・ワールズで準優勝している強豪だ。一昨年の世界柔術では、マルキーニョスことマルコス・ソウザにも11-4で快勝している。

02スタンドで積極的に背負いを繰り出してゆくクサノ。サタヴァはそれを堪えると、引き込み。そこから神童マルセロ・ガウッシアの弟子らしく、バタフライやクサノの右足を取ってのシングルレッグXで煽ってゆく。対してクサノは上から思い切って飛びついての三角を狙うが、サタヴァに頭を抜かれてしまい、上下が入れ替わって2点の先制を許した。

03そのままハーフでワキを差し、胸を合わせてタイトに抑え込んだサタヴァは、足を抜いてのパスに成功して5-0に。クサノが足を戻しても、サタヴァは師匠のマルセリーニョばりの後ろ袈裟のポジションを駆使しつつ、タイトなプレッシャーで上をキープしていった。

04それでも下から動き続けたクサノは、なんとか空間を作るとうつ伏せから前転して、サタヴァの左足を取ることに成功。得意のヒザ十字が極まらないと見るや、50/50へ移行してさらにバックに付きかけるが、ここでサタヴァは向き直って正対。背中越しにクサノのズボンの背を掴むと、そのまま帯取り返しのように大きく後方に投げ捨てて上になる。

さらにサタヴァは、先ほどと同じ要領で胸を合わせてタイトに抑え込むと、再び足を抜いてパスガードに成功。クサノはスクランブルから前転を狙うが、サタヴァは今度は許さず上をキープする。その後クサノは、サタヴァが足を抜いてきたところで後転して上になるが、これはポイントにはならず。

下になったサタヴァは、再びクサノの右足を引き出してのシングルレッグXの状態に。結局ここから試合終了まで、クサノはこのガードを攻略しきれず8-0で敗れた。

果敢な攻撃で持ち味を発揮したクサノだが、サタヴァの神童譲りのスイープとタイトな抑え、そしてパスの強さを攻略できずに終わった。

05<ミドル級決勝/10分1R>
ガブリエル・アルジェス(ブラジル)
Def. 9分00秒by 襟絞め
マルコス・ティノコ(ブラジル)

06優勝候補筆頭のアルジェスは、準決勝でジェイミー・カヌートに苦戦したもののレフェリー判定勝利を挙げて、決勝進出を決めた。もう片方のブラケットの準決勝では、今年のヨーロピアン王者のティノコが、もう一人の本命にしてアルジェスの先輩であるオターヴィオ・ソウザの最後の粘り=オモプラッタを振り切って2-0で下した。アルジェス&ソウザのバッハ勢によるクローズアウトの可能性が高いと見られていたこの階級で、決勝戦が実現することになる。

07先に引き込んだアルジェスは、内掛けガードから内回りを仕掛ける。するとティノコは崩されながらもアルジェスの右ヒザを捕らえて、ヒザ十字を狙う姿勢に。やがて両者の足は50/50で絡まることに。ここから延々と、ポジションの上下を入れ替えつつの足関節の狙い合いが続いていった。

08上をキープすることが多いアルジェスに対し、ティノコは下からアルジェスの右足を脇に抱えてのヒザ十字狙い。アルジェスの足が伸びきってヒヤッとする場面が何度か見られたが、アルジェスはその度に体をずらして回避していった。

09残り2分。またしてもうつ伏せになってのヒザ十字を狙ってきたティノコに対し、アルジェスは正座して体重をかけることに成功。そのまま足の絡みを潰しながらバックに着くと、ティノコの体を伸ばしながらの襟絞めに。残り1分のところでタップを奪った。

昨年は先輩のソウザに優勝を譲ったアルジェスが、そのソウザが敗れたことで今年は単独優勝。ガードゲームもトップゲームも滅法強く、モダン柔術にも対応し極めの力もあるこのアルジェスが、ミドル級をどのように引っ張っていくのか注目だ。

■リザルト
【ミドル級】
優勝 ガブリエル・アルジェス(ブラジル)
準優勝 マルコス・ティノコ(ブラジル)
3位 ジェイミー・カヌート(ブラジル)
3位 オターヴィオ・ソウザ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie