この星の格闘技を追いかける

【UFC211】WSOF二冠のブランチ、オクタゴン復帰戦でらしいスプリット判定勝ち

<ミドル級/5分3R>
デヴィッド・ブランチ(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
クリシュトフ・ヨッコ(ポーランド)

サウスポーのヨッコにブランチは右ストレートを伸ばす。ヨッコは左フックを狙うと、ブランチのハイをかわしヒザ蹴りを見せる。これをキャッチしたブランチがテイクダウンに成功し、エルボーを落としていく。強いポスチャーからパンチ、左右のエルボーを続けるブランチは胸をつけていく。ロックアップから、ケージに移動したヨッコが立ち上がるとブランチはバックコントロール、ヒザ蹴りを腿に突き刺す。

胸を合わせたヨッコにブランチは右エルボーを当て、らしくねちっこい展開へ。しかし、ヨッコがボディロックからテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がったブランチのボディにヒザを入れたヨッコが今度はケージに押し込むも、態勢が入れ替わる。ブランチの押し込みに会場ではブーイングが起こる。シングルで引っ張り出し、ヒザを入れたブランチが初回を取った。

2R、ジャブを伸ばすブランチに組んだヨッコが、スピニングバックエルボーを狙うも空振りに。ブランチのローが急所に入り、試合が中断する。再開後、ブランチの左ジャブにヨッコが左ストレートを当てる。ブランチはダブルレッグで尻餅をつかせるも、すぐにヨッコが立ち上がる。さらにブランチが組んでケージに押し込むと、すぐにレフェリーがブレイクを命じる。ヨッコはバックフィストから左ミドル、続けて後ろ回し蹴りを繰り出すなど動きを作ろうとした。ブランチはダブルレッグも、トップをキープできなかった。

最終回、二段蹴りでボディを蹴ったブランチ。続くテイクダウン狙いを跳ね返しはヨッコも、なかなか戦局を打開できない。胸を合わせて組み合い、ケージ際でヒザを見せるブランチ、ここもレフェリーがブレイクを命じる。残り2分でダブルレッグを決めて、トップを取ったブランチがガードの中に納まる。左腕を差して立ち上がってきたヨッコにダースを狙ったブランチだが、これを解いてまたもケージにヨッコを押し込む。

ルーティンワークのように直ちにブレイクを伝えたレフェリー、離れたヨッコは左ミドルから左ストレート、距離を取って回るブランチだが左フックを被弾する。組んで試合を終えたブランチ、館内はブーイングに包まれた。ブランチの戦い方に不満のヨッコだが、自分の試合ができなかったことは事実。結果、スプリットに分れブランチに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie