この星の格闘技を追いかける

【WSOF35】ランス・パーマー陥落、2度ダウンを奪ったハリソンが新フェザー級チャンプに

<WSOF世界フェザー級選手権試合/5分5R>
アンドレ・ハリソン(米国)
Def.3-0 :49-46.48-47.48-47
ランス・パーマー(米国)

タイタンFC王者からWSOFに転じて、2戦目で世界王座挑戦となったハリソン。サウスポーの王者パーマーが右ジャブから、左オーバーハンドを振るう。パーマーの左とハリソンの右が交錯し、直後のハリソンの右前蹴りが急所に当たって試合が中断。リスタート後、ハリソンは右ハイ。ブロックしたパーマーに引き続き右前蹴り、左ハイと蹴りを見舞っていく。

鋭い右前蹴りをボディに入れる挑戦者。王者のパンチが大きくなる。パーマーの左の打ち終わりに右フックを合わせようとしたハリソン。残り30秒を切ったところで、ハリソンの右ストレートがアゴを掠め、王者がダウンする。すぐに組みながら立ち上がったパーマーを深追いしなかったハリソンが初回を取った。

2R、右ローを蹴ったハリソン。パーマーは左ミドルを返す。ミドルを続ける王者に対し、ハリソンは前進に右フックを被せる。ロー、ミドルと左からの蹴りを使うパーマーだが、右ハイを受け手動き落ちる。そして、テイクダウン狙いから引き込むという信じられない姿を見せたパーマーにハリソンが右のパウンドを連打する。引き続きハーフからエルボー&パンチを落とすハリソンが、パーマーを削っていく。終盤、力の入ったパンチを落としたハリソンが2ラウンド連続でポイントを取った。

3R、スーパーマンパンチで飛び込んだパーマー。ハリソンは右ショートを当て、ダブルレグを切ってがぶる。スタンドに戻ると、パーマーが前に出る圧を強めるも、ハリソンは下がらず右ローを蹴り込む。王者の左ミドルから組みにも、右ボディフックを入れた離れたチャレンジャーはダブルレッグをスプロール。パーマーワンツーを狙ったところでタイムアップに。この回は手数で王者の可能性もある。

4R、ジャブを伸ばすハリソン。パーマーは右ボディアッパーを振るう。ハリソンは左ミドルをキャッチしてテイクダウンを狙うも、パーマーも懸命に足を抜いて離れる。ハリソンは引き続き右前蹴り、しかしその一発が2度目の急所蹴りとなる。再開後、左から右のコンビを見せたハリソンが王者を下がらせる。

飛び込んで左を当てたパーマーが、左ハイを繰り出す。さらに左ミドルを続け、この回も印象点ではハリソンを上回っているか。残り1分を切り、ガードの上からの左ハイ、飛び込んで左ストレートとクリーンヒットはないが、積極性は王者が上回った。

最終回、ハリソンがダブルのジャブ。距離と取ったチャンピオンの左も届かない。ハリソンの右ハイをガードしパーマーだが、距離を詰められ窮屈な展開に。と、右ハイを防いだ直後に右から左を被弾したパーマーが後方にダウン。即シングルに出たがハリソンはスプロールし、クラッチが切れるよう腹を突き出し、右足を伸ばす。

パーマーが両手を離して立ち上がると、その顔面は真っ赤に染まっている。ハリソンは左ハイを見せ、左ジャブ。左の相打ちからダブルレッグを切ったハリソンは、右ハイをガードの上から蹴っていく。パーマーの残り30秒を切ってシングルレッグでドライブも、ハリソンはケージを背にして時間が過ぎるのを待つ。

そして迎えたタイムアップ。王座奪取を確信したような表情のハリソン、3‐0で新世界フェザー級王者となったハリソンは「素晴らしいキャンプができたから、凄く自信があった。セコンドの厳しさが僕には必要なんだ。どんな大きなジムが相手も、ベルモア・キックボクシングとグレイシー・バッハのサポートがあれば怖くない。僕らがベストジムだ」と新王者は話した。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie