この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC22】試合結果 浜崎、無念の101秒TKO負け。エヴィンガーはしっかりと落とし前つける

Invicta FC22【写真】今回はとにかく姿勢が棒立ちで悪かった浜崎。果敢なチャレンジも、キャリアの方向転換期──もしくは仕切り直しを迎えることとなる(C)INVICTA FC

25日(土・現地時間)にInvicta FC 22「Evinger vs Kunitskaya 2」がミズーリ州カンザスシティのスコティッシュライト・テンプルでが開催され、ストロー級初挑戦となったアトム級世界チャンピオン浜崎朱加は右フックで倒され、パウンドの連打でTKO負けとなった。

UFCへの飽くなき想いを胸に一階級上の元世界王者となった浜崎だが、101秒で無念のTKO負け。メインの世界バンタム級世界戦=王者トーニャ・エヴィンガー×ヤナ・クニツカヤの再戦は、昨年11月同様にクニツカヤがガードから極めを狙う展開となったが、エヴィンガーは焦らずトップをキープ。パウンドで削って、最後はRNCを極めた。


Invicta FC22
<Invicta FC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
○トーニャ・エヴィンガー(米国)2R4分32秒
RNC
詳細はコチラ
×ヤナ・クニツカヤ(ロシア)
<女子ストロー級/5分3R>
○リヴィア・ヘナタ・ソウザ(ブラジル)1R1分41秒
TKO
詳細はコチラ
×浜崎朱加(日本)
<117ポンド契約/5分3R>
○ジョディ・エスキベル(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ディアナ・ベネット(米国)
<女子ストロー級/5分3R>
○アシュレイ・カミンズ(米国)3R
判定
×アンバー・ブラウン(米国)
<女子ストロー級/5分3R>
○スンナ・ダヴィッズドッティル(アイスランド)3R
判定
×マロリー・マーチン(米国)
<女子ストロー級/5分3R>
○ミランダ・マーヴェリック(米国)1R3分01秒
腕十字
×キャル・ホリデー(米国)
<女子フェザー級/5分3R>
○フェリシア・スペンサー(カナダ)3R
判定
×マジソン・マクハニー(米国)
PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie