この星の格闘技を追いかける

【UFN106】スタンドにグラウンド、ケージ際。目まぐるしい攻防をボーグが制す

<フライ級/5分3R>
レイ・ボーグ(米国/8位)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジュズエ・フォルミーガ(ブラジル/3位)

ワンツーから素早い右ローを繰り出すフォルミーガ。接近戦では両者の頭がぶつかりそうになる。接近戦で組み&打撃を見せる両者は、離れてボーグが左ジャブから右ストレート。頭を振って避けたフォルミーガの左ローが急所に入り、試合が一時中断する。再開後、ケージにボーグを押し込んだフォルミーガが細かい右ボディを続ける。ヒザ蹴りを返したボーグに対し、フォルミーガもヒザを突き上げていく。

離れるとボディストレートからヒザ蹴りを狙うボーグに、フォルミーガがアッパーを放っていく。ボーグの左ミドルにフォルミーガが左フックを返す。ボディを交えワンツーからパンチを続け、テイクダウン狙いを切られるもスピニングバックフィストを入れたフォルミーガが、最後のポイントを得たか。

2R、左フックからシングルに出たボーグ。ケージを背に耐えるフォルミーガが、左腕を差し返し態勢を入れ替える、ここでフォルミーガが距離を取り直し左ローを蹴り、ボーグはシングルレッグからバックに回りリフト。両足で着地したフォルミーガは、自らの十八番を奪われるような攻撃にも胸を合わせていく。

シングルを続けボーグの頭を押すフォルミーガ──力の入った攻防が続く。と、この状態でブレイクが入り、フォルミーガがシングルへ。ボーグはこれも切る。コンビネーションのフォルミーガと一発+組みのボーグ──ワンツーからの右ローでボーグの体がよれる。そのボーグは直後にスピニングバックフィスト、シングルを狙い足を抜かれたところで、この回も終わった。

最終回、即ダブルレッグに出たボーグをケージに押し込んだフォルミーガが、バックに回り込もうとする。引き込んだボーグはマウントにも、ケージを蹴って起き上がる。そのボーグのバックに再び飛び乗ったフォルミーガは、前方に落とされるもシングルに出たボーグに対し、頭を抑えてコブラで態勢を崩していく。ここでフォルミーガが逆に押し込むことに成功し、ボディロックからバックに回り込んで、グラウンドでバックマウントを完成させる。

残り3分、シートベルトポジションからRNCを伺うフォルミーガが、ノヴァウニオン得意の形に入った。しかし、体を左右に逆に振ってから胸を合わせたボーグはトップを奪取する。エルボーを落とすボーグの攻撃に、フォルミーガは右目尻の周囲をカットする。エルボーを続けるボーグが、腕十字狙いを防いで担ぎからバックに回り込む。両足フックを逃げようとしたフォルミーガからニアマウントのボーグ。フォルミーガがハーフに戻したが、劣性の姿勢でワールドを仕掛けられた状態でタイムアップを迎えた。

目まぐるしい寝技の攻防の果て、3‐0でボーグが判定勝ちし、ランク3位のフォルミーガを倒した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie