この星の格闘技を追いかける

【RFC36】腹を効かされ終盤は失速もトニーニョ・フリアが3‐0の判定勝ち

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
トニーニョ・フリア(ブラジル)
Def.3-0
イ・ヒョンソク(韓国)

ブレンゾリグ・バットムンクの欠場で急遽、リザーブ戦から繰り上がったイがマットに手をついて蹴りを見せ、そのままガードを取る。フリアはローからカカト落としを狙うが、これが急所をかすめる。ガードを取り続けるイに対し、強烈なローを蹴り込むフリア。イはケージまで下がっても立ち上がらない。レフェリーがブレイクを掛けイを立たせると、フリアの右ストレートにダブルレッグを合わせる。フリアにギロチンで抱えられたイが、引き込む。

ガードを振り払われ、スクランブルからスタンドに戻ったイにフリアが右ミドル。直後の接近戦でフリアがテイクダウンに成功する。ガードの中から右のパンチを狙うフリアに対し、イが必死で手首を掴み、さらに頭を引き寄せていく。ボディから顔面に左のパンチを入れたフリアが、ボディ&顔面に続き鉄槌を連続で落とし初回をリードした。

2R、軸足を変えて左ハイを見せたフリアは、勢いのあるミドルから右ローを蹴り込む。さらに腰を崩してテイクダウンを奪ったフリアが、スタンドでイが立ち上げるのを待ち受けて左ストレート、右フックを振るう。イは左ハイも当たりは浅い。対して、重い右ローを蹴り込むフリアがワンツーをヒットさせる。

イもキレのある左ローを返すが、フリアのジャブを受ける。フリアが組んでケージにイを押し込むと、腿にヒザを入れると、小内刈りで綺麗にテイクダウンを奪う。イはクローズドを取るも、フリアが強烈な勢いで左右のパンチを連打。一旦離れ、飛び込むように右のパンチを落としたフリアは、イのディープハーフからのシングルレッグに頭を押して立ち上がる。離れた両者、ここで2Rも終わった。

最終回、近距離のパンチ合戦か下がったイに、フリアがラッシュをかける。ここでイも思い切り右を返すと、踏み込み過ぎたフリアがバランスを崩す。トップを取りに行ったイだが、フリアが捌いて立ち上がる。ここでイの左ミドルがボディを捉え、フリアの動きが鈍くなる。

フリアも右ミドルを返すと、イがケージ際まで下がる。ラッシュを掛けたフリアに対し、イも思い切りフックを返す。続く組み合いで一瞬、下になったフリアだったが、即リバーサルでトップを奪い返す。ここで動きが止まったフリアに対し、レフェリーはブレイクを命じ両者をスタンドに戻す。

ヒザやミドルと腹を狙うかと思いきや、イはテイクダウを仕掛けてフリアがこれを切る。ケージにイを押し込んだフリアはバックに回る。イはキムラから引き込むが、腕が抜けガードを強いられる。鉄槌を入れたフリアが最後はマウントからパンチ連打、バックマウントになったとろで試合が終了した。

腹を攻撃され、終盤は失速気味となったフリアだったが、3‐0で判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie