この星の格闘技を追いかける

【WSOF34】際どい勝負、打撃で優勢だった岡見はスプリット判定勝ち!!

<ウェルター級/5分3R>
岡見勇信(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ポール・ブラッドリー(米国)

互いにジャブを伸ばして間合いを図ると、ブラッドリーが右ハイ。これをかわした岡見は右ストレートを伸ばす。右から左ストレートを当てた岡見だったが、直後のブラッドリーのダブルレッグでテイクダウンを奪われる。尻餅状態からリストをコントロールし細かいパンチを入れる岡見。右手をマットにつけて立ち上がった岡見はケージを背負った状態で四つに組んでヒザを入れる。

一度は体を入れ替えたものの、再びケージを背にした岡見はブラッドリーが離れると左ミドルを蹴り込む。左ストレートで前に出た岡見、ブラッドレーがショートのワンツーを繰り出す。岡見は左ミドルをブロックされた直後に左ストレートを当てる。しかし、ブラッドリーの左フックがアゴを掠めたか、両ヒザから崩れ後方からパンチを集中される。なんとか岡見はガードを取り、ブラッドレーの攻撃を遮断したものの初回を失った。

2R、右を入れた岡見。ブラッドリーは右を振るってケージに岡見を押し込む。ダブルを切った岡見のヒザが急所に入ったとブラッドリーがアピールし試合が中断。同じ態勢で再開されると、体を入れ替えた岡見はシングルレッグへ。右腕を差し返し、強烈に突き上げたブラッドリーが押し込み返すとダブルレッグへ。エルボーを入れて、ダブルを切った岡見だがケージに押し込まれた状態が続く。

ここも四つ組みで態勢を入れ替える両者、ブラッドリーが執拗に岡見を押し込む。試合がデカゴン中央に戻ると岡見は左ミドル。オーソに構えた岡見が組んで左を差す。右ヒザを蹴り合った両者、ブラッドリーが左を振り流れ離れる。岡見は左ミドルと左ヒザをボディに入れた。

最終回、右ジャブを伸ばしてから左ミドルを入れた岡見。ブラッドリーはここもクリンチで金網に押し込んでいく。ダブルを切った岡見は離れて左ストレート。組み一本槍となったブラッドリーに対し、回って離れた岡見が左ローを蹴り込む。岡見の左フックにシングルからドライブしたブラッドリー、打撃戦を避けての押し込みがどのようにジャッジに判断されるか。

岡見は徹底してテイクダウンを切り、気が付けばラッドリーは右目の周囲をカットし激しい流血に見舞われている。ワンツーを放ち自分の形で組んだ岡見は、ヒザ蹴りから小外掛けでテイクダウンに成功する。すぐに立ち上がったブラッドリーが傷のチェックを受けて試合がリスタート。左ミドルを入れた岡見は、首相撲からヒザを突き上げて離れる。右&左のワンツー、四つ組みからヒザを放つ岡見の攻勢が続く。

ヒザを2つ入れた直後の小外は防がれた岡見だが、離れると果敢にワンツー、左ミドルを狙う。この局面で打撃でなく組みつくブラッドリー。最後も岡見はケージを背にした状態でタイムアップを迎えた。初回を落としたものの、3Rは打撃が攻勢でテイクダウンも取った。問題は2R、ケージに押し込まれた展開が長く、岡見の打撃で目立ったのは終盤のミドルとヒザでパンチではなかった。

結果、スプリットに分れた際どい勝負、岡見は判定勝ちを得て大きくガッツポーズを見せた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie