この星の格闘技を追いかける

【WSOF34】ゲイジー・タイム前にブスカペが続行不可能に。5度目の王座防衛

<WSOF世界ライト級選手権試合/5分5R>
ジャスティン・ゲイジー(米国)
Def.3R終了時 TKO
ルイス・ブスカペ(ブラジル)

右前蹴りからテイクダウンを狙ったブスカペが引き込んで、ハーフガードの態勢を取って試合がスタート。まずはスタンドでの打撃戦を回避したブスカペに対し、ゲイジーはスイープの狙いを防ぎ、レフェリーがブレイクを命じる。ゲイジーは右ロー、続く右オーバーハンドは空振りに。と左ローを入れ、ブスカペはダブルを切られてもワンツーを返していく。

ゲイジーが左ハイキックを空振りすると、バックに回ったブスカペ。すぐに胸を合わせたゲイジーが離れると、マウスピースが落ちたため試合が中断する。再開後、ゲイジーが左ジャブから右ロー、ブスカペも右フックを打ち込む。ブスカペは右フックを再び当て、ショートの連打からダブルレッグを仕掛けてバックへ。背中に乗りかけて、自ら着地したブスカペがボディにヒザを入れる。

再び背中に乗ったブスカペは襷掛けでバックマウントへ。ここもブスカペが自ら着地すると、正対して離れたゲイジーはラウンド終了と同時に浴びせ蹴りを繰り出しファンの歓声を浴びた。

2R、ブスカペが左右のフックで前に出る。マウスピースを吐き出したゲイジーにダブルレッグを仕掛ける。スクランブルから起き上がったゲイジー、マウスピースを戻すためにまたも試合が中断、スタンドで再開される。引き続きブスカペは左右のフックを打ち込む。ゲイジーは右ローを返すが、パンチを被弾する数が多い。

チャレンジャーのテイクダウン狙いこそ防ぐチャンピオンだが、左ジャブを受けて、左フック、右アッパーを打たれるなどパンチを打たれ続ける。ついにガードを固めて動きが遅くなったゲイジーに対し、ブスカペは一気呵成に飛びヒザを突き刺す。ゲイジーはアッパーを返し、テイクダウン狙いを切ったもの、中間距離でパンチを被弾してマウスピースを落とす。噛み千切ったか明らかにマウスピースに不具合が生じており集中力の欠如に繋がりかねない。ここでゲイジーは自分で舞うスピードを拾い、ブレイクが掛かることなく右オーバーハンドを打っていった。

は殴られながら蹴る、殴るという戦いを続けるチャンピオン。ブスカペの左フック2発を当てられ、右フックを返す。ならばとブスカペは右を打ち込むという殴り合いに。テイクダウンは決まらないブスカペだが、パンチのヒット数はチャンピオンを明らかに上回っている。ただし、気が付けばブスカペは、右目の周囲が大きく腫れあがっており、ラウンド終盤には動きが落ちていた。

3R、再びフックで前に出て、左ジャブを打ち込むチャレンジャーに対し、ゲイジーは左フック。右ローを蹴ったゲイジーは、またもマウスピースを落としレフェリーが流すと外れ自ら拾う。打撃で主導権を握っていたと思われたブスカエは、打撃でなくテイクダウン狙いが引き込んでハーフへ。付き合わないゲイジーがスタンドに戻り、左フックを思い切り打っていく。

手数のブスカペ、一発の威力のゲイジー。組んで引き込みを狙う展開が増えてきたブスカペも相当体力を消耗しているようだ。ゲイジーは寝技に付き合わず、ブスカペはスタンドに戻されると右フック、続いて右アッパーを被弾。ケージを背にしてパンチを打たれるブスカペは逃げのテイクダウンへ。これを切ったゲイジーも疲れを見せながら、左ジャブ&右ロー、続いて右アッパーをヒットさせる。

またも引き込んだブスカペ、ゲイジーはこの局面では寝技で上を取る。とはいってもブレイク待ちで、何かを仕掛けることなく狙い通りスタンドに戻ったゲイジーが右アッパー、右フックを打っていく。ガードもなく中間距離でパンチを振るうゲイジーは右フック、右ローを入れる。さらに左ローを蹴られたブスカペが首相撲からヒザを繰り出すも力はない。ゲイジーが勢いを取り戻し、3Rが終了した。

4R開始前にブスカペの右目の周囲をチェックするためにドクターがデカゴンへ。ここで続行不可能と判断されゲイジーの王座防衛となった。これからがゲイジー・タイムという流れになっていたとは思われるが、序盤に攻撃を受け過ぎる印象が残る世界ライト級チャンピオンだ。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie