この星の格闘技を追いかける

【UFN101】PXCフライ級王者、コンパクトかつパワーのある打撃でUFC初陣勝利

LINEで送る
Pocket

<フライ級/5分3R>
ジネル・ラウサ(フィリピン)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ヤオ・ジークイ(中国)

PXCフライ級王者からUFC入りを果たしたラウサのオクラゴン初陣。左フックを入れたラウサ。ヤオが左ローを同時に蹴っていく。ラウサの左ジャブにワンツーから右ハイを狙ったヤオは、右に回りながら鋭いパンチを繰り出す。ラウサはローに左を合わせてヤオを倒し、さらにローをキャッチして尻餅もつかせる。

ラウサは飛び込んで右から左を入れ、ヤオを下がらせる。立て直したヤオが右ローを返す。前に出るラウサに対し、ヤオは回りながらスーパーマンパンチへ。ラウサは重い右フックを打ち込み、左ボディフックと攻勢に出る。ヤオのシングルを切り、右をヒットさせたラウサは足を止めての打ち合いで左右の左を決めてダウンを奪う。すぐに立ち上がったヤオもパンチを打ち返すが、左フック&右ボディフックを打ったラウサのラウンドとなった。

2R、ヤオのフック系にパンチに対し、ラウサはストレート系を当てる。テイクダウンも切られたヤオは右ハイを受けて、一瞬動きを止めて崩れる。パウンドからヤオが起き上がってくるところにギロチンを仕掛けたラウサだったが、自ら技を解き下になってしまう。バックを取られそうになり、前方にヤオを振り落して立ち上がったラウサが左右のフックで前に出る。振りが大きくなったヤオの左フックをよけてバックに回ったラウサが、前方に崩してパウンド。

ヤオがシングルから起き上がる。疲れた様子を見せるラウサの右ハイにヤオがテイクダウンを合わせる。ケージまで下がったラウサは粘ることができず背中をマットにつけてしまう。上体を起こしてパンチ、エルボーを連打するとラウサは動けない。下からエルボーを入れてラウンド終了を迎えたラウサ、ポイントは取ったが最終回のスタミナは心配だ。

3R、慎重に戦う両者。ラウサがスピードのあるショート右ストレートを当てる。打っては離れるラウサが右ストレートを再びヒット。右オーバーハンドを放ったヤオがバランスを崩す。大振りのヤオとは対照的にコンパクトなパンチを見せて移動するラウサは、パンチの精度で差をつける。さらに右のオーバーハンドに右を合わせたラウサは、バランスを失ったヤオにラッシュを掛けることなく、スタンドに待ち受けて断続的にパンチを当てる。

テイクダウン狙いもしっかりと見切ったラウサは、そのまま右を当てて離れるという動きでタイムアップを迎え、フルマークの判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

Movie