この星の格闘技を追いかける

【UFN99】夜叉坊、不発。ロボフに打ち勝てず──テイクダウンからマウントも許し判定負け

LINEで送る
Pocket

<フェザー級/5分3R>
アルテム・ロボフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
石原夜叉坊(日本)

夜叉坊はいきなり左ハイでバランスを崩したが、ロボフは距離を詰めてこなかったのですぐに立ち上がる。引き続き左ハイ、左ミドルを繰り出し、左ボティストレートを伸ばす。ロボフが左から右フック、夜叉坊は再びボディストレート。ロボフがオーソに構えているため、夜叉坊は右に回りたい。飛び込んでダブルレッグで尻餅をつかせた夜叉坊、両者スタンドに戻るとロボフの右がヒット。

左には回りたくないが、夜叉坊は左に回りながら左ハイ、ロボフが右を返す。飛び込むのではなく、踏み込んでパンチを打ってくるロボフ。と、ロボフが飛び込むようになりこれは夜叉坊には都合が良いと思いきや、ロボフの右フックでバランスを崩した夜叉坊は続いてワンツーの左を受ける。笑顔を見せた夜叉坊だが、初回を落とした。

2R、鋭い左ローを入れた夜叉坊はハイを引き続き続けるが、右を2発被弾する。ロボフはサウスポーにスイッチすると、夜叉坊は右ハイ。ロボフが右ロングアッパーを狙う。リードアッパー&左ミドルとロボフのペースで試合は進む。左ストレートを夜叉坊が当てるも、あとが続かない。反対に右アッパーから左右のローを受けた夜叉坊は、疲れて来たか。

ロボフが飛び込んで左ストレートを打ち込む。夜叉坊も左フックをヒット。続いて右ジャブを入れた夜叉坊だが、右フックを受ける。さらに左ショートをもらった夜叉坊はシングルのフェイクも、左フックで足が止まりラッシュを掛けられて2R終了を迎えることに。

最終回、細かいローを放つ夜叉坊だが、左フックをまたも被弾。後ろ手で&大振り気味の左を受け続ける夜叉坊が、スタミナもかなり怪しげになってきた。ローでよろけ、左を受け、立った状態で鉄槌まで当てられる。

と、夜叉坊はここで左を打ち抜きダウンを奪う。夜叉坊はフルガードのロボフにパウンドを落とす、足を一本抜いた夜叉坊にロボフがヒールフック。ここから両者がスタンドに戻り、ロボフがフックを振り回しミドルへ。

夜叉坊はテイクダウンへいくが、切られる。スタンドに試合が戻ると、試合は残り1分。ここはKOしかない夜叉坊は左を打たれ、組んだロボフにボディロックからテイクダウンを許す。集中力が切れたか、マウントから思い切りパウンドを落とされながら試合終了のホーンを聞いた夜叉坊。

ロボフの練習仲間、コナー・マクラガーがオクタゴンに入りロボフの手を挙げる。結果、夜叉坊は3-0の判定負けを喫した。


PR
PR

関連記事

Movie