この星の格闘技を追いかける

【UFC205】ペニントンに敗れたミーシャ・テイトが突然の引退宣言!!

LINEで送る
Pocket

<女子バンタム級/5分3R>
ラケル・ペニントン(米国/8位)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ミーシャ・テイト(米国/1位)

腰の低い構えからパンチを振るうミーシャ、カウンター狙いのペニントン。ボディを狙うミーシャの顔面へのパンチをよけて、ジャブを当てる。組んだミーシャはシングルでペニントンをケージに押し込み、ダブルへ切り替えようとするも、頭を抱えたペニントンが体ごと持ち上げる。ケージを蹴って、尻もちまで持ち込んだミーシャだがすぐに立ち上がられる。ミーシャは冷静にボディロックから後方にテイクダウン、立ち上がり際にバックを伺う。ペニントンはミーシャの右手首をつかんで前方へ崩していったが、そのままミーシャが背中に張り付き、同時にタイムアップに。

2R、組みのフェイントからパンチを振るうミーシャ。ペニントンは距離を取って、オーバーフックもかわす。直後に右ストレートを入れたペニントンだが、距離が近づくとミーシャが首相撲からヒザを突き上げる。ジャブでミーシャの前進を止めるペニントンは、テイクダウン狙いに右フック。ミーシャは頭を下げて組みに行くが、この姿勢は危ない。組み相撲から右腕を差してケージにペニントンを押し込んだミーシャは、左ヒザを入れるもアッパーを返される。ここで頭を抱えに行くというミスを犯したミーシャから、バックを取ったペニントン。

ミーシャは胸を合わせるが、右のパンチを連続で受ける。ミーシャは首相撲に捉えて、ボディにヒザを突き刺す。体を入れ替えたミーシャがボディにパンチを打っていく。ヒザを返したペニントン、体も入れ替えて彼女もまたボディに拳を打ち込み、離れてからも打撃は試合をリードした。

最終回、荒いフックから距離を詰めたミーシャが、ジャンピングガードを見せる。トップを取ったペニントンはエルボーを落とすと、腕十字&三角を防ぎながら左のパンチを入れる。ミーシャは狙いを左右変えながら腕十字を仕掛ける。胸を張って防いだペニントンはヒザ十字狙いを潰して、上四方固めでトップを取り切る。ケージを蹴って足を取りに行くミーシャにネッククランクを仕掛けたペニントン。ミーシャは頭を抜いてバタフライガードからヒールフックへ。体を捻って足を抜いたペニントンはミーシャにローを蹴りこみ、起き上がりながらシングルを狙ってきたところで10フィンガーギロチンへ。アームインに移行し、テイクダウンを潰したペニントンは胸を合わせてミーシャをケージに押し込む。ついに後方にミーシャをテイクダウンしたペニントンがパウンドへ。

動きが落ちたミーシャは鼻血を流し、パウンドを被弾し頭を抱えたところでタイムアップに。前王者は厳しい試合を強いられ、0‐3で敗れた。「みんな、ありがとう。本当に感謝している。もう私の時代じゃない。この結果だから」とミーシャは突然の引退発表をした。


PR
PR

関連記事

Movie