この星の格闘技を追いかける

【ONE48】内藤のび太×ジョシュア・パシオ、ともに2日間計量で体重&水分値もクリア。当日計量はなし

pachio-vs-nobita【写真】いかにも──的な寺院の前でフェイスオフ(C)ONE

明日7日(金・現地時間)にミャンマーはヤンゴンのトゥウンア・インドアスタジアムで行われるONE48「State of Warriors」。6日(水・同)と7日(木・同)でフェイスオフ、公開練習など公式行事が終了し、いよいよファイトデーを迎えるのみとなった。

同大会のメインでジョシュア・パシオの挑戦を受けONE世界ストロー級王座防衛戦を戦う内藤のび太は、前々日と前々日で体重、水分値ともにクリアし当日は、計量等は行わないで済むこととなった。

2日前計量でのび太の体重はリミット以下の56.3キロ、前日計量が56.4キロとリミット300グラム以上に下回り、水分値も問題なかったという。

決戦前夜、のび太は「パシオと直接顔を合わせて、背が自分と同じか少し大きい感じでした。でも、彼の方も2日間計量でクリアし当日計量はないようです。まだミャンマーで食事はたらふく食べていませんが、女の子は確かに可憐な印象でした(笑)。僕自身の調子はいつも通り、普通です」と現在の心境を教えてくれた。

■ONE48対戦カード

<ONE世界ストロー級(※56.7キロ)級選手権試合/5分5R>
[王者] 内藤のび太(日本)
[挑戦者] ジョシュア・パシオ(フィリピン)

<ミドル級(※93.0キロ)/5分3R>
オング・ラ・エヌサン(米国)
ミカル・パスタルナック(ポーランド)

<ヤンゴン・フェザー級T決勝/5分3R>
TBD
TBD

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ムイン・ガフロフ(タジキスタン)
ケビン・ベリンゴン(フィリピン)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ユーサップ・サーデュラエフ(ロシア)
ジョーダン・ルーカス(豪州)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
バシール・アフマド(パキスタン)
マムード・モハメド(エジプト)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
ソウ・バ・ウー(ミャンマー)
カリアー・シン・ピョー(ミャンマー)

<ヤンゴン・フェザー級(※70.3キロ)T準決勝/5分3R>
イェ・ユーアン(中国)
ソー・ヤンパン(ミャンマー)

<ヤンゴン・フェザー級(※70.3キロ)T準決勝/5分3R>
カト・パリ(ミャンマー)
ポー・ドー(ミャンマー)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie