この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】地元関西で岡田充広と対戦する濱村健<02>「永遠の加害者で終わらせて……」

hamamura-ken【写真】最近は思い通りの試合ができていないハマケン。今回こそは──試合結果以上に思い通りの展開にしてほしい事情が隠されていた (C)SUSUMU NAGAO/FIGHTING GLOBE

9日(日)、大阪市住吉区民センター大ホールで開催されるDEEP CAGE IMPACT2016 in Osakaで岡田充広と対戦する濱村健インタビュー後編。

地元の関西での試合と思いきや、会場は実家から遠く。しかも、奥様が出産間近という状況での試合となった。それでもインタビューが成立しないほど、濱村は掛け合い漫才のような受け答えに終始する。見事な落ちまで披露してくれた濱村の、決意溢れるような感じが伝わってこない──この試合に掛ける気持ちとは。

<濱村健インタビューPart.01はコチラから>


──中尾選手と岡田選手、どちらが戦い辛かったですか。

「2人も嫌なところ、そして戦いたかったところがあります。中尾さんはビッグネームですが連敗中ですし、待ちのスタイルのなのに左の一発、アトミックボムがあります。最近はさすがにお見受けできないですけど、三角絞めという得意技を持たれているので。

僕は年齢なんて関係ないですけど、勝って当たり前、でも負けたら『お前が引退ちゃうの?』みたいな話になるじゃないですか」

──確かに。

「で、岡田さんというヤングボーイとできると思ったら、ヤングじゃない問題が発覚しまして(苦笑)。いやぁ、岡田君のつもりで『さん』付けで呼んでいたら、真の岡田さんやったんですよねぇ」

──何の事だか……ですが、関西で試合をするのはいつ以来ですか。

「4年振りですね。旧体制のGladiatorで試合をして、靭帯を切ってしまった試合以来です」

──今や関西で試合をすることはどのように捉えているのですか。もう、完全に話し言葉も標準語ですし。

「そうだよねぇ」

──オラァ!!

「ハハハハハ。関西で戦うのは良いんですけど、この4年の間に向こうの知り合いが大人になっていて……。試合に来てほしいって誘っても、町内会の会合で来れないとか……多くて。俺もオッチャンになったなぁって。オッチャンを目の前にしてですけどね(笑)」

──おいっ!! オッチャンどころやないわって言うてる場合か。ホント、濱村選手はインタビューし辛いです。ともられ京都の実家から計量や試合へ向かうという形なのでしょうか。

「それがねぇ、どうしようかって思っているですよ。自宅から行くのは面倒くさいし、友達のところでもホテルに泊まっても良いです。会場が住吉区やから、京都からは遠いですよね。久しぶりに南海乗りますよ」

──南海電車、アプラホールですか!!

「それ高石、ライジングオンやないですか(笑)」

──ほとんど関西の人以外には分からない土地勘が必要な話は切り上げましょう。

「もう東京の方が、試合がしやすいというのはあります。でも、これがまた僕の人生が色々と絡んできまして……。嫁の出産予定日が11月だったんです」

──おめでとうございますッ!

「だから9日の住吉の大会か、18日の後楽園ホール大会かっていう話を頂きまして。で、少しでも早い方が良いなって思って大阪で試合させてもらうことにしたんですよ。そうしたら、嫁の出産が早まりそうで……。もう入院してしまって」

──えっ、そんな時に試合が重なってしまったのですか。

「人生ですよねぇ。でも、今は医学も進歩しているから2週間ぐらい早く生まれて2500グラムとかでも、全然大丈夫やって聞きましたし」

──うちは3人とも予定日前後で2600グラムから2800グラム代でした。でも、お互い一緒にいてあげたいですよね。

「まぁまぁ、2週間ぐらいで生まれてくるやろうから、大丈夫やろうということです。人生、思い通りにはいかないですよ。でも、試合は思い通りでっていうエェ落ちで(笑)」

──プロですねぇ。

「調子こいて、すれ違いざまに殴っていきますよ。自分だけ加害者。永遠の加害者で終わって、なるべく早く済ませて宜しくお願いしますぅっと──東京に戻る。その時、まだ赤ん坊が生まれていないことを祈る。ここまでじゃないですかね。これですべて思い通りです」

──お後が宜しいようで。

■ DEEP CAGE IMPACT 2016 in OSAKA対戦カード

<フライ級/5分3R>
柴田MONKEY有哉(日本)
井上直樹(日本)

<ウェルター級GP一回戦/5分3R>
悠太(日本)
住村竜市朗(日本)

<ライト級/5分3R>
濱村健(日本)
岡田充広(日本)

<バンタム級/5分2R>
白川陸斗(日本)
覇彌斗(日本)

<フェザー級/5分2R>
岩本達彦(日本)
藤崎航汰(日本)

<フライ級/5分2R>
加マーク納(日本)
平田丈二(日本)

<フェザー級/5分2R>
室川和登(日本)
森宏之(日本)

<ウェルター級/5分2R>
黒田好治(日本)
渡部拓馬(日本)

<ストロー級/5分2R>
川原波輝(日本)
MAGISA(日本)

<フライ級/5分2R>
永井美自戒(日本)
横溝和也(日本)

<ストロー級/5分2R>
いちょう”Snufkin”ともなが(日本)
ふじい☆ペリー(日本)

<フェザー級/5分2R>
鈴木敦順(日本)
名田英平(日本)

<フェザー級/5分2R>
上山雄大(日本)
Dark真(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie