この星の格闘技を追いかける

【OFC13】フォドー倒したコロッサが、青木への挑戦をアピール

Colossa vs Fodor

【写真】これは左のエルボーだが、右エルボーの勢いが凄まじかったコロッサ(C)ONE FC

<ライト級/5分3R>
ヴィシール・コロッサ(南アフリカ)
Def.3-0
カロス・フォドー(米国)

いきなり前に出たフォドーがワンツーを連続で放つ。下がりながらロー、ジャブを出すコロッサだがフォドーが組みついてケージに押し込む。ボディにヒザを突き上げたフォドーは、コロッサの打撃の圧力も関係なく左をクリーンヒットさせる。体を入れ替えてから距離を取ったコロッサは、右ローから右ストレートを伸ばす。さらに左ローを連続で蹴り込んだコロッサに対し、右ストレートから左フックと距離を詰めたフォドー。フォドーは前進をいなされて、すくわれるようにテイクダウンを奪われる。細かいパンチを落されながら大きなダメージをもなく立ち上がったフォドーは、変わらず左フックを振るいながら前に出る。

コロッサの右に右ストレートから左フックを打ち込んだフォドー。コロッサもワンツーからローを返すも、意外にもボクシングでは劣勢に。左フックから組んだフォドー、コロッサは態勢を入れ替えて細かいヒザを見せる。自ら下がったコロッサ、フォドーは左フックから右アッパーとパンチでプレッシャーを与える。ケージに詰まり左を受けるシーンが目立ったコロッサは、打撃で打ち負け初回を失った。

2R、前蹴りでプレッシャーをかわそうとするコロッサは、組んできたフォドーに首相撲からヒザを連続でボディに入れ、エルボーも見せる。ボディへのヒザを続けるコロッサが距離を取り直すと、フォドーは左フックから組みついて腰をコントロールしテイクダウンへ。片足がフォドーの腹の下に入ったままでオモプラッタのような態勢になったコロッサが、起き上がってスイープに成功する。

フォドーは立ち上がり組んできたコロッサにギロチンを仕掛け、引き込む。ここで頭が抜けたコロッサは、パンチを落してからスタンドに戻る。左ローを連続でいれたコロッサが、左ジャブから右ストレートを伸ばし、打撃戦で盛り返す。手数が少なくなったフォドー、パンチのヒット前に組みつく場面が増える。残り1分、細かいヒザから距離を取ったコロッサは、組んできたフォドーにヒザを入れて離れる。終了間際に右ストレートをヒットさせたコロッサが、2Rを取り返したか。

3R、パンチを振るいながら前に出たフォドーがシングルレッグからテイクダウンを狙うも、右腕を差し替えたコロッサが、体を入れ替えて左エルボーを3発、さらに右ストレートと右エルボーを打ち込む。ヒザとヒジでフォドーを押し込むコロッサは、組んで右エルボーを2発、離れてからも右ストレートから左ローを入れる。勢いが無くなったフォドーは、ヒザをボディや腿に受けても反撃に出ることができない。コロッサはケージにフォドーを押し込み、エルボーとヒザを続け攻勢を維持する。距離ができると、フォドーが左で打ち勝つが、打撃戦は続けられず組みにいき、逆にケージに押し込まれてしまう。小手投げが崩れ、直後にギロチンを仕掛けて引き込んだフォドー。これもコロッサが凌いで立ち上がる。

残り1分、左フックから前に出るフォドーだが、ここでも打撃戦は続けることが出来ず組んでしまう。体を入れ替えたコロッサは、強烈な右エルボーからボディへのヒザでフォドーを攻めたてる。そのままフォドーを押し切ったコロッサは、判定3-0でストライクフォース&UFCベテランのフォドー越えを果たし、「この勝利はネルソン・マンデラに捧げる。次の試合はアオキだ。タイトルディフェンス戦を戦おう」とOFCライト級王者の青木真也への挑戦を力強くアピールした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie