この星の格闘技を追いかける

【Top FC12】ローブローで、佐藤豪則は無念の反則勝ち→ノーコンテストに

sato【写真】手数、精度とも上々の打撃を見せていた佐藤だったが……(C)TOP FC

<ライト級/5分3R>
佐藤豪則(日本)
DQ 1R
ホン・ソンチャン(韓国)

ホンが軽く左ローを放ち試合はスタート。佐藤も左ローを返し左に回る。ホンは右オーバーハンドから右ミドルを入れる。ならばと佐藤は左ミドル。ホンの前進にワンツーを繰り出す。佐藤の左ローをステップバックでかわしたホンが右に続き、左を軽くヒットさせる。佐藤は右フックから左ローの対角線コンビネーションで前に出る。さらに左に回りつつパンチを入れて、左ハイから右ローと軽快な動きを見せた佐藤だが、テイクダウン狙いに右アッパーを合わされてしまう。

一瞬動きが止った佐藤だが、そのまま組み合いへ。バックを取ったホンが後方に投げる。スクランブル、背中を取られたままの佐藤はキムラロックにホンの左手を捉える。ホンは懸命にクラッチを続け、後方からヒザを腿に入れてイク。と、ここでレフェリーがブレイクを命じる。残り80秒、佐藤は左ミドル。続いて前進してきたホンに左フックを当てる。ホンのオーバーハンドをよけた佐藤は左前蹴り。ホンは飛び込んで左フックを伸ばす。

初回終了まで15秒、ホンの右ローがモロに佐藤の急所を直撃する。鈍い音とともに、苦悶の表情を浮かべ──うめき声さえ挙げて倒れる佐藤。これは試合続行が難しいか……。佐藤は5分を経過しても、ケージを背にして座った状態から立ち上がることができない。さらに2分ほど経過を見たが回復せずホンの急所蹴りにより、佐藤が痛い反則勝ちとなった。

※12日(月・現地時間)になり、TOP FCより故意の反則でないのでノーコンテストに裁定が変わったことが韓国のマスコミに伝えられた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie