この星の格闘技を追いかける

【AJJC2016】アジア柔術選手権、黒帯で挑む嶋田裕太<02>「一番戦いたい相手? 加古さんです」

Yuta Shimada【写真】黒帯昇格の儀式は、師・植松直哉の背負い投げで終了。その師匠たちと共にムンジアルで戦う権利を得るための、戦いに嶋田は向かうこととなる(C)MMAPLANET

10&11日(土・日)に東京都足立区の東京武道館で国際ブラジリアン柔術連盟=IBJJF主催のアジア柔術選手権2016(Asian Jiu-Jitsu Championship 2016)で、黒帯ライトフェザー級に出場する嶋田裕太インタビュー第2弾。

黒帯初戦、優勝宣言。ムンジアル出場に向けて当然といえば、当然の意気込みだが、嶋田にはムンジアルで戦うことに対して、特別な気持ちがあった。だからこそ、アジアでは負けらなない。嶋田の想い──とは。

<嶋田裕太インタビューPart.01はコチラから>


──簡単じゃない戦い。エントリー・リストを眺めると加古拓渡選手、宮地一裕選手、そして吉岡大選手。鍵山士門選手や山田秀行選手という練習仲間も出場します。

「これまで戦ったことがない人ばかりなんです。帯色が被らなかった先輩が多くて。なので凄く楽しみです」

──一番戦ってみたいのは誰ですか。

「加古さんです」

──オォ。それは?

「ムンジアルのベスト8だからです。一番、結果を残しているのが加古さんです」

──その悪い笑顔、確かに楽しそうですね。

「本当に楽しみで、ワクワクしています。ムンジアルを目指して国内の強い選手が皆、出てきます。これはアジア選手権なのですが、日本一決定戦でもあると思っています」

──その加古戦、実現すると勝算は?

「う~ん、怒られそうですね……。自分が普段している動きをしていると、普通に勝てると思います。あまり波風を立てなくないのですが……。自分を信じて、ビビらずに普通にやれば問題なく勝てると思います。それが本音です」

──インタビューは常に本音でお願いします(笑)。

「ハイ(笑)、ストレートに言わせてもらい、そう思っています。ただし、簡単でないし他にも警戒する人ばかりです。Rootsの宮地さんとか独特は柔術をされますし。

加古さんと宮地さんとも練習はしたことがあります。でも、それは本当に抜いているというか、練習のための練習で。今回、初めて本気で組むことになると思うので凄く楽しみです。」

──鍵山選手や山田選手との練習は続けられるのですか。

「普通に練習しているつもりです。試合するかもしれないって意識して何か隠すとか、相手の動きを探るとかもないです。実際、コンペティション練習で茶帯のライトフェザー級で被っている選手も一緒にやってきましたし。

試合で戦うことがあるから、練習で手を合わせることをやめようという意見が出たことはないです。あの練習に来ている人達のモチベーションは、ムンジアルです。そこを見ていて、日本で練習している選手と戦って負けているようじゃムンジアルでは勝てないっていう気持ちを持っているはずです。

だからこそ、僕も負けらないです」

──アジアを取れば、ムンジアル出場は確定です。その後のヨーロピアンやパンに出場するとしても、ムンジアルへのアプローチとして経験を積むことができます。

「アジアを取っても、調整ではなくヨーロッパやパンも取るつもりで出場します。ただし、アジアで決めていないとヨーロッパやパンに関してはポイントを意識せずにはいられないです。

意識なんかせずにヨーロッパやパンに出るためにアジアは落とせません。名前のある、海外のビッグネームが出ていないトーナメントを落として、ムンジアルなんて口にできない。僕は本当にムンジアルに出たいんです」

──それは皆、そうだと思います。

「いえ、ムンジアルで勝ちたい、ムンジアルに出たいという気持ちとは別に、あの空間にまた戻りたい。そういう気持ちは僕のライフとして存在しています」

──……。

「パンもLAで行われていますが、植松さんや森さん、LAでいつもお世話になっているKさんと一緒にムンジアルで戦いたいんです。

あの拠点があって、終われば炭水化物パーティと称してパスタやピザでフェアウェル・パーティーを開いてもらっているのですが、あの空間、あそこを拠点にして戦う。あの時間は僕とって特別なんです。

あの瞬間を皆でまた経験したい。それはパンではなく、ムンジアルなんです。また、皆でピザを喰いたいんです。それをするには……、僕の師匠たちと一緒に戦うのはムンジアルという場なんです。そのために僕はアジアを落とすことなんてできない」

──本当に特別な戦いなのですね、嶋田選手にとってムンジアルは。

「ハイ。アジアは海外と違い、調整もしやすい環境があります。一番戦いやすいところで戦って、負けているようで海外で勝てるはずがないです。こういうとなんですが、一番強い選手が加古さんで、ムンジアルではベスト8なんです。

日本の柔術界にいて、黒帯では誰も結果を残せていない前人未踏の地に辿り着くためにアジアでは負けてなんかいられないです」

<この項、続く>

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie